#2 Start of journey

When it was almost time to arrive on the ferry which was heading from Japan to Sakhalin of Russia.
A warning on the ferry was announced.
“Please don’t go out of the ferry, there is danger of being attacked by the Russia Navy.
“What??  feeling of tension ran high.
Curt immigration officer checked my passport and motorcycle. And then I entered Russia,
I’m going to go around the world for 1 year, 2years, 3years? from now on.
I made up my mind then started to drive.
It was supposed to be a cheerful day but it was chilly and rainy.
The road was rough with many puddles of rain. Cars splashed water on me.
I was wet to my underpants after 10minus.
There were old Soviet buildings remaining in dreary towns.
People were all Russian, I couldn’t seen asian faces.
People didn’t understand Japanese or English.
The distance is just only 100km between Japan and Sakhalin, but it was a totally different world.
About 3 years ago, I watched a news about one Japanese guy who started traveling around the world on a motorcycle. Unfortunately he was killed by someone in Siberia 10 days after he started my journey.
I was frightened with that news, because my situation was no different.
My image of Russia was cold with cool crazy people and my actual first impression was quite cold.
I wanted to swim in a hot spring, and I want to go back to Japan.
It was too late for regrets.
My whole body was trembling from fear and cold.

 

日本からロシアのサハリンにフェリーで向かっている中、もうすぐ到着という時にアナウンスが鳴った。
’ロシア海軍が攻撃してくる可能性があるので外には出ないでください’

なに?緊張が高まる。。

到着すると、無愛想な国境職員がパスポートとバイクをチェックする。そして、ロシアに入国した。

これから1年、2年、3年?の世界一周の旅が始まる。
僕は、心を決めて走り出した。
喜ばしい日になるはずだったが、天気は、寒い雨。
道はたくさんの水溜りが出来ていて、車が跳ねる水をかけられる。
走り出して10分でパンツまでびしょ濡れになった。

さびれた旧ソ連の建物が並んでいる。
ロシア人ばかりでアジア人は見かけない。
人々は、日本語も英語の分からない。
日本から100kmしか離れていない島なのに、ここは全く違った世界だった。

3年前、日本人がバイクで世界一周をしようと旅に出たが、不幸にも10日後にシベリアで誰かに殺されたというニュースを見たことがある。
彼と今の僕の状況に違いはないのでとても怖かった。
ロシアは寒いし人が冷たいイメージだった。実際に、とても寒かった。
日本に帰って温泉に入りたい。
しかし、もう後悔しても遅すぎる。
不安と寒さで体が震えていた。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す