#3 Siberia road

Next destination, Mongolia was 4000km away from where I was, and I just kept driving along the Siberian road,
Sometimes, there were Siberian trains passing along side.
Long continuous freight trains, I wondered how many carriages  there were.
I counted 148 carriages. I guess more than 3 km all together.

I had a cold from tension and cold. But quite unexpectedly, it got warmer and the temperature went over 30℃.
Siberia must be cold, even in summer , in my image,
I often saw fire because of that I guess,  One day, I rode through an area of about 500km, covered in smoke.
It’s a very serious problem, not only  in Siberia, but also in Japan as particle pollution travels with the wind from here.
It seems to be caused by global warming. An area of about half the size of Shikoku of Japan burned down in the big fire this year.

 

 

When I took a break on the road, I spoke to a guy riding Honda Africa twin.
He asked me something but I couldn’t understand Russian. It sounded something like ”please follow me”
My instinct told me that he was a reliable guy.
He took me to a motorcycle club and introduced me to his friends,
In Russia, motorcycle community is very strong.
They show me  notes by tourist from many countries. And there was free accommodation for tourist.Actually, I was afraid of them because we couldn’t exactly understanding each other,But I thought I should have an open mind for their hospitality.
I organized to eat pelmeni, Russian favorite food  which looked like boiled dumpling.but unfortunately after we ate,
I didn’t feel too well, my head spinning.
I thought I might have caught a cold.
Or…..

 

 

モンゴルまで4000km、ひたすらシベリアの道を進んでいく。
たまにシベリア鉄道の列車と並走することがある。

長い長い貨物列車、気になって連結数を数えてみたら148車両もあった。

寒さと緊張感から体調が悪い。
と思いきや内陸に入るにつれて気温はぐんぐん上がり30℃を超える。

イメージしていたシベリアは冬は雪で覆われ夏でも寒いはずだが、

それが関係しているのか、各地で火事が起きているのをよくみかける。ある日、500キロ走ったがずっと煙の中を走った日もあった。
とても深刻な問題で、シベリアだけでなく日本にも風に乗って大気汚染物質が飛んでいるらしい。
温暖化が原因で、この年は、一年で四国の半分の面積が焼けてしまったらしい。

道で休憩していた時、アフリカツインのバイクに乗った人が話しかけてきた。
彼は何か聞いてきたが、ロシア語が理解できなかった。
ついて来い!と言っているように聞こえた。
なんとなく彼は信用できる人だと思ってついて行った。
彼はバイクのクラブに連れて行ってくれて友達たちを紹介してくれた。

ロシアでは、バイク繋がりはとても強い。
彼らは、たくさんの国から来たツーリストによって書かれたノートを見せてくれた。
ここには、タダで泊まってもいいらしい。
ただ本当は、彼らの言っている事が分からなかったからとても怖かった。
しかし、彼らの親切に心を開かないといけないと思った。
僕は、水餃子の様なロシア料理のペリメリをご馳走した。
しかし、食べた後気持ちが悪くなって、頭がクラクラして来た。
多分、風邪をひいてしまったみたい。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す