#5 Mongolian children

I heard a rumor that Mongolia has a social problem with many street children.
But I didn’t see any child that looked poor when I search all over the capital.children were all well and looked happy and smiling.

In the countryside along the river, I took a little break and washed.
There were some gers from far away.
I smiled to see four small boys running up to me.
But I doubted them, ‘ They might want money or something?’
but then , a boy said ‘ Nice to meet you! My name is Alan.’
‘ Oh you can speak english.
‘ My house’ and pointed his finger at a ger.
and then the boys ran towards the river.
I had a sort of guilt feeling. I suspected people without a reason.
They were just interested in me.
I was too worried about everything.
Suspicion is always indicative of a weak mind.
I was forced to notice important things from pure and friendly boys.

 

私は、モンゴルには多くのストリートチルドレンがいるという社会問題を抱えているという噂を聞いた事がある。しかし、私は首都を散策している時に貧しそうな子供は見ませんでした。
子供たちはみんな幸せで笑って見えました。

田舎の方の川沿いで少し休憩していた時。遠くにはいくつかのゲルがありました。
4人の小さな男の子が僕に向かって走ってくる。
しかし、僕は彼らに疑問を抱きました。
彼らはお金が目的なのかもしれない。
しかし、少年はいう。
「Nice to meet you! My name is Alan ”
へ~英語話せるんだ!
彼は 「My house」と指を指差した。
そして、少年たちは川に向かって走って行った。
その時、僕はある種の罪悪感がありました。
理由がない人を疑った。
彼らはただ僕に興味を持っただけ。
僕は心配性で警戒しすぎていました。
疑う心は、常に弱い心を示しています。
純粋でフレンドリーな男の子たちから重要なことに気づかされました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す