#6 Mongolian life

The roads in Mongolian wilderness were made by car tire tracks.
There were many branching roads. If I miss the direction, I would get lost.
I would not have been able to drive without a GPS
The feeling of driving in the grassland of 2000 meters in altitude was wonderful.
The dirt road was badly corrugated from car tyre markings which made the bike vibrate.
Sometimes there were soft sand or I had to cross rivers.
I kept in control of my motorcycle for safety
The harder the road is, the more adventure with excitement I felt.
People who I met on the road were very friendly, and they waived their hands at me.
Each time people gave me dry cheese. Actually, it was not tasty, but my heart got warm.
I think they did this because traveling on a motorbike stood out.
I don’t think anyone would wave their hands if I was in a car.

I passed a small town where I couldn’t see supermarkets or public facilities.
However, there was a stadium.
Fortunately, Mongolian wrestling tournament was opened.
Although, I didn’t understand the rule even thorough watching it.
it seemed that winning was to throw the opponent down.
However, The game had no boundary like in Japanese sumo, so the game time was long.
There are many people from Mongolia who are top wrestlers in the Japanese National Sport, sumo.
Among them, I think that Some of them may one day become active in Japan

 

 

When I arrived the town Altai , I met a women who could speak English
She had been to Japan a long time ago and told me about at that time.
‘Everyone was smiling and polite.’
She worked as a weather forecaster.
In Mongolia, they using a balloon for weather observation.
She showed me around  the public showers and museums.
And the most interesting thing was the lives of ordinary people.
She took me to her friend’s house which was inside the town but  lived in a Ger.
Surprisingly, electricity passed and there was a TV and a washing machine.
the shape of the ger made of 80 pillars has not changed from thousands of years ago.
There was a fireplace in the middle and they used horse dung as fuel.
I thought It must be a smelly house but it did not smell.
The whole family lived in the same space under one roof.
I thought that people who grow up without walls will be open minded. so they are friendly.
They told me ‘We share a strong family bond. Hospitals are cheap and also school fees are cheep. We are happy.’
I was glad to hear these words. I guess they may be poor, but rich in spirit.
A lot of snow in winter, not much things and water, and the roads are not clean. It’s looked like a very hard environment.
A Person’s personality depends on their environment.
I thought people must help each other as hard as the environment is to make their life better.

モンゴルの道は、車が通ったあとが道になっている。
いくつも枝分かれしているので、方向を見失えば迷ってしまう。
僕はGPS無しでは走ることができなかっただろう。
標高2000メートルの大草原を走って行く快感は素晴らしい。
道はコルゲーションがひどくて、常に激しい振動をしている。
時にはソフトな砂だったり、川を渡ったり。
バイクをコントロールしながら安全に進んで行く。
道は厳しい方が記憶に残るものだ。
ただ道で会う人はみんなフレンドリーで、手を振ってくれるし、話かけてくれる。
乾燥させたチーズは色んな人に何個ももらった。
正直、酸っぱくて美味しくないが、心が温まる。
恐らく僕が目立つバイクで旅をしているからだと思う。
車だと誰も手を振ってくれるとは思えないしね。

ある小さな町に着いた。スーパや公共施設なんて見当たらない小さな町。
ただ、スタジアムがあった。
幸運な事にモンゴルレスリングの大会が開かれていた。
見ていてもルールはよくわからないが、相手を倒せは勝ちになるようだ。
だが、日本の相撲のように枠が決められていないので、
間合いが長く試合時間も長い。
日本の国技相撲のトップレスラーは、モンゴル出身の人が多い。
この中にも、日本に来て活躍する人が出てくれたらいいなあと思う。
アルタイという町で人に話しかけると、英語のはせるおばさんに会った。
昔、日本にも来た事があるみたいで、その時の事を話してくれた。
’みんな笑顔で礼儀正しかったわという。
彼女の仕事は、気象予報士。
モンゴルでは、気球を使って観測するらしい。
公衆シャワーや博物館などを案内してくれる。
それともう一つ一番興味があるのは庶民の生活。
知り合いのお家を紹介してくれる事になった。
町の中だがゲルで生活している。
中を見せてもらうと、驚く事に電気が通っていてテレビや洗濯機まであった。
だけど、ゲルのつくりは80本の柱で出来たドーム状の形なのは何千年前から変わっていないらしい。
真ん中には暖炉があり、肥料は乾かした馬のウンコみたい。
ウンコ臭い家かと思いきや臭いはなかった。
一つ屋根の下で同じ空間で家族と生活する。
こうやって育った人は壁の無い人になるんだろうなと思った。
『私たちはみんな家族と絆が強いです。高校まで学校タダだし病院も安いし私たちは幸せです。』
決して裕福では無いと思うけど、この言葉を聞けて嬉しかった。
人との壁がある日本とは真逆の環境だなと思った。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す