#11 Hot Turkmenistan

There aren’t many tourists in Turkmenistan because it is difficult to get a visa.
But I could get a five-days transit visa to get into Iran with a complicated procedure.
I didn’t know any information about what is famous and what is Turkmenistan like.
One famous thing among tourists is the gas crater in the desert.
It seems that about 60 years ago, Gas blew out from a caving accident due to a boring geological survey. In order to stop this, fire was lit.  but it continued to burn continuously.
The way to the gas crater was a very soft desert road. I thought that it was a tourist spot, but there was no signboards and there were nobody.
My tires got stuck in soft sand and I couldn’t drive. so I decided to walk on the desert way.
The desert extend as far as my eyes can see.
There was no atmosphere like a tourist area.
I walked 6km then a big hole came in sight.
There was hot air blowing up with a roaring sound when I  peeked in the hole.
At night, inside the hole glowed red, making it look more powerful.
I put) my tent up in front of the hole looking at the gas going up in the moonlight.
There were no souvenir(s) shops or ticket booths, I like such unexplored secrets in (the) adventures.
It was an amazing place to feel the energy of the earth.

Turkmenistan is a rich country because it is possible to get oil and gas.
I was amazed at the cityscape of the capital city of Ashgabat.
It seemed like a theme park with buildings that are all unified white.
There were bronze statues of gold in a white fountain, a gold roof on a white mosque.
They represented an image of high quality.
I was particularly surprised when I visited the royal mosque.
It was all in marble (building), and inside spread Persian carpet and decorated with gold.
When I stoold in the middle and clapped my hand, the sound echoed through the mosque.
It seemed that probably a mosque would cost more than hundred million dollars to build.
This country is a socialist nation, ordinary people ‘s income is the same.
But medical and education expenses are free.
The prices are very cheap. For example, gasoline is around 30 cents per liter.
Therefore, it seemed that people are not complaining and public peace is good.
In other countries, people pay taxes to the government and capitalist economy is established.
but In this country, I thought the system is one where the government nourishes the people.
The image of socialism in a dictatorship is not good, but this country did not have a particularly bad impression.

 

 

 

トルクメニスタンはビザを取るのが難しいので、ツーリストが少ない。
手続きは複雑だったが、5日間のトランジットビザが取れた。
情報も少ないので、何が有名でどんな国なのか分からない。
一つだけツーリストの間で有名なのが、砂漠の中にあるガスクレーター。
60年前にボーリング調査の陥没事故でガスが噴き出し、それを止めるために火をつけたら、それからずっと燃え続けているらしい。
ガスクレーターまでの道はソフトな砂漠道になる。観光スポットだと思っていたが、看板も無く人も居ない。
ソフトな砂にタイヤが埋まって走れない。途中の道にバイクを置いて歩いて行くことにした。
辺りは誰も居ない砂漠道。
ガスクレーターなんて観光スポットなんてありそうな雰囲気はない。
6キロ歩いて見えてきた大きな穴。
中を覗くと轟音とともに吹き上がる熱風があった。
夜になると迫力があり穴の中が真っ赤に光る。
月明かりに照らされて舞い上がって行くガスを見ながら穴の前でテントを張った。
お土産物やもチケット売り場もない、こういう秘境はアドベンチャーで好きだ。
地球のエネルギーを感じれるいいところだった。

この国ではオイルやガスが取れるのでとてもお金持ちだ。
首都のアシガバートの街並みには驚かされた。
建物が全て白色で統一されているテーマパークのようだ。
白い噴水にゴールドの銅像があったり、白いモスクにゴールドの屋根。高級感がある。
特に王族のモスクを訪れた時は驚いた。全て大理石で出来た建物に、中はゴールドの装飾と敷き詰められたペルシャ絨毯。
真ん中に立って手を叩くと、音が反響していくのがわかる。
恐らく100億円はかかっているであろうモスクだった。
この国は、社会主義国であり、庶民の収入は同じである。
しかし、医療費、学費がタダな上に物価がとても安い。ガソリンは1リッター30セントくらい。
だから、人々の不満はなく治安も良いらしい。
他国では、国に税金を払って財政が成り立っているが、
この国では、国が国民を養っているシステムなんだろうと思った。
独裁国家で社会主義のイメージは良くないが、この国は特に悪い印象はなかった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す