#12 Holy city of Shiite Muslims

The moment when I crossed the border into Iran, the atmosphere changed to strict Islam, more than in Central Asia.
People’s faces, words, signboards, and all women were covered with a hijab,
Everything seems different visibly.
It changed from the Russian speech which I had become accustomed to, into Persian.
It was exciting and I felt scared.
Iran is a strict Muslim couture country,
A religious denomination called ‘shia’
Especially Mashhad is a holy city of Shiite Muslims where many believers visit from both within and outside Iran.
All woman has to be covered the whole body with a black Hijab.
It’s not only religion but also the laws of this country.
Khomeini who has the title of a Shiite Moslem religious teacher of the highest rank appealed to the law after Iran revolution about 35 years ago from now.
I entered the sacred Mosque of Mashhad.
There was a security check at the  gate. I couldn’t bring my bag, and foreigners have to hire a guide.
But fortunately, I could enter inside by myself.
It was a weekday but inside was crowded with people.
Here is a sacred place, it’s not a sightseeing spot.
People were pushing each other in order to touch the grave of Imam Reza in the middle.
More than ten thousand people would make a line and start praying.
Muslim prayers sounded mysterious.
Ten thousand people sit or stood all at once with the prayer.
All people here believe in God.
I feel the power of their belief.
It was a very mysterious sight for myself who grew up without a religion.
I wondered what I believe in life.
I wonder if they are free from worry or anxiety.
Those who believe shall be saved.
I had a lot of questions from them.

 

 

イランへ国境を超えた途端、雰囲気が中央アジアと比べておきく変わる。
人の顔、言葉、看板の文字、女性のヒジャブ、目に入るもの全てが新鮮だった。
慣れてきたロシア語圏からペルシャに変わる。
エキサイティングでもあり怖い気持ちでもあった。
イランはイスラム色の強い国で、宗派も周辺国とは違いシーア派になる。
特に、始めに訪れた街のマシュハドは、シーア派にとっての聖地でありたくさんの信者が国内外から訪れる。
女性は、スカーフで全身覆い歩いている。
髪を覆わないといけないというのは、宗教もあるがこの国の法律でもある。
現在のトップのホメニーが40年前に政権を握ってからの法律らしい。
マシュハドの聖地ハマムの中に入ってみた。
ゲードにはセキュリティーチェックがあってカバンを持って入れないし、外国人はガイドをつけないといけない。
はずだったが、僕は運よく一人で中に入る事が出来た。
平日だが人々でごった返している。
ここは観光地ではなく聖地なのだ。
真ん中にあるエマムレザーのお墓には、人々が少しでも手を触れようと人々が押し合っている。
時間になると数万人が列を作りお祈りを始める。
イスラムのお祈りは神秘的な音に聞こえる。
そのお祈りに合わせて数万人が立ったり座ったり同じ動きをする。
ここにいる全ての人たちが神を信じて生きている。
その信じるパワーをものすごく感じる。
宗教を持たずに育った自分にはとても不思議な光景だった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す