#16 Helping hand without reward

 

I saw a news that said that Turkey had many refugees from Syria. When I was walking in Istanbul, I was spoken to by a Syrian person.
He showed me his passport and said ‘I’m from Syria, please give me something to eat.’
A girl stood, wearing a short sleeve in a cold weather. she held a cardboard that said “please help me”
When I travel abroad, I occasionally saw beggars or homelessness on the road.
Then,there was a conflict in my mind.’ What should I do? Should I give some money? ‘
I don’t give money, but I think food can give.
Because it is hard to convey my feelings to them even if I give money,
but food has taste which turns into energy and becomes a feeling of modest happiness.
However, I met a doctor who used to work under Mother Teresa before.
He told me about her words ’If that poor person can be happy on this day, you should give money.’
I thought that selfless love is not only without reward but also I don’t need to tell my feelings.

I came to see a Turkish guy called Ozhan who I met in Mongolia before. He is a benefactor of my journey.
He drove to Mongolia through Central Asia. He traveled on the same motorcycle DL650 as mine.
Riders can become very friendly just by having the same bike.
My motorcycle had no bash plate at that time.
The bash plate protects the bottom of the engine when driving along dirt roads.
And then, he advised me ‘If you are going through Central Asia from here, you will need a bash plate.
So he took out the bash plate from his bike and gave it to me because he will go back through the clean Russian road.
The parts costs around $200 or more, I tried to give him money but he didn’t take it.
Four months passed since we had met and I came to Turkey to see him.
Far from giving him thanks, he let me stay in his home and treated me,
Also he helped in the maintenance of my motorcycle.
Perhaps he might have no sense that he was helping me.
He was someone who can naturally be kind to people.
I  didn’t know how to say thank you to him. Even money, things, words are not enough.
When I left, all I could do was to say thank you to him. After, I felt as if I had forgotten something.

 

 

トルコにはシリアからの難民が沢山いるというニュースを見たことがある。イスタンブールを歩いていると、確かにシリアの人に話しかけられることがあった。
パスポートを見せて来て『シリア人です、何か食べ物を下さい』と言われる。
『please help me』と書かれた段ボールを持っている少女が寒い中半袖で立っていたりする。
海外を旅していると物乞いやホームレスは目にする事はよくある。
その時、自分はどうするべきなのか?お金を渡すべきなのか?という葛藤がある。
僕は、お金は渡さないが食料はあげてもいいと思っている。
なぜならお金を渡しても気持ちは伝わりにくいから、
食料なら味がありエネルギーに変わりささやかな幸せの気持ちになるから。
だが、以前、マザーテレサの元で働いていたというお医者さんに出会ったことがある。
彼女はこう言っていたらしい。『その人がその日に幸せになれるならお金をあげなさい。』
無償の愛というのは見返りを求めることだけでなく、自分の気持ちまでも伝える必要はないのかもしれないと思った

以前モンゴルで出会ったトルコ人のオーサンに会いに来た。彼は僕の旅の恩人である。
彼は中央アジアを通ってモンゴルまできた。バイクは僕と同じバイクDL650で旅をしている。
ライダーというのは同じバイクというだけでとても仲良くなれるものだ。
その時、僕のバイクにはバッシュプレートが付いていなかった。
バッシュプレートはダートロードでエンジンの底を守るためのものである。
それを見たオーサンが、これから中央アジアを通るんだったらバッシュプレートがいるぞ。
私は道の綺麗なロシアを通って帰るからあげるよ、と自分のバイクを犠牲にして私にそれををくれた。
$200ドル以上するパーツなのでお金を渡そうとしてももらってくれなかった。
あれから4ヶ月たってやっとトルコにきて彼に会うことが出来た。お礼をするどころか、彼は家に泊めてくれて、ご馳走してくれた、
バイクの整備も協力してくれた。
もしかしたら、彼には助けてあげているという気持ちもないのかもしれない。
当たり前に、人に親切に出来る人。
僕は彼にどう感謝して返せばいいのかわからない。お金でも、物でも、言葉でも足りない。
最後にお別れ時、ありがとうしか言えなかった。
そのあと、何か忘れ物をした様な気持ちになった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 thoughts on “#16 Helping hand without reward

  1. I love your blog.. very nice colors & theme. Did you design this website yourself or did you hire someone to do it for you? Plz respond as I’m looking to design my own blog and would like to know where u got this from. cheers
    http://goodchoise.tumblr.com/
    https://twitter.com/lebedevmaron1
    http://tovarov-lee.tumblr.com/

    https://twitter.com/tonyjfrost1910
    https://twitter.com/choisehelper
    https://twitter.com/suhanovpanfil

    http://www.ferif.win/
    http://redom.win/

コメントを残す