#24 Baby destiny

When I was staying in a French military camp in Senegal, I was reminded of such a thing.
A French friend called Yoana told me “My sister lives in French military service in Senegal.”
I thought her sister might be staying here??
And then I contacted Yoana to ask her.
Then she replied to me ”I will go there next Wednesday!”
And coincidentally we met again in Senegal.
What a small world!!
Her sister was working in a vocational training facility as a volunteer, so I was interested and she took me there.
Kids around the age of a high school student was learning things like cooking, sewing, handicrafts.
She was teaching a computer class.
Senegal had many children who cannot go to high school. So it’s not easy to get a job.
This facility made jobs through connections and free training.
There was an orphanage which was built in the same area, which accepted babies up to 2 years old.
A Japanese women worked there!
She had been working there for 32 years as a nun.
Conversely, she was surprised to come across a Japanese.
She seemed to rarely see a Japanese.
Why do babies go there?
The mother died at birth, or the baby was placed in front of the gate.
Abandoned child,
Sometimes parents came to leave their baby because they were not able to support the baby.
After 3 years old,
they will be handed over to accepting parties of adopting parents to France, Italy Switzerland etc.
However, recently the number of hosts are decreasing, because there are migration problems in Europe.
The babies don’t know yet that they don’t have parents.
Somewhat, I felt sorry for them.but if poor or abandoned child grows up with a good education like in Europe, it will be a better life for them.
There is a screening for families who accepts adopted children.
It is a high possibility for the child to be taken by an affluent home.
I don’t know which is happy for the baby.
The Japanese nun said‘ It is God ‘s decision.but Parents should come back and take their baby
Japanese can make their own future, but It is not easy in here.
Children’s future will change dramatically with the parents and the environment they grow.
I hope all babies here will be happy.
I hope that they will be able to meet good families Who can look after them so the kids won’t have to bear any burden.

セネガルのフランス軍キャンプに泊まっていた時、こんな事を思い出した。
1年前にオーストラリアにいた頃、フランス人の友達のヨアナがこんな事を言っていた。
「私の姉がセネガルのフランス軍キャンプで働いてる。!」
「もしかしたら。その姉ちゃん、この同じキャンプにいるんじゃ無いか?」
確認する為にヨアナに連絡取ってみた。
すると「次の水曜日に私もそこ行くよ!」と連絡が来た。
偶然に偶然が重なって、同じキャンプにオーストラリアで出会った友達が来ました!
世界は狭い!
アナウンサーみたいな名前だが、スポーツトレーナーやっていた体育会系女子。
姉ちゃんと言っても一卵性の双子の姉妹らしい。
そこまで似て無いが。
しかも、年齢も僕と同じで誕生日も3日違いみたい。
だいぶ対等には見えない。
姉ちゃんは、ボランティア施設で働いていると言うので興味あったから連れて行ってもらった。
カトリックの職業訓練施設でコンピューター関係の事を教えている。
高校生くらいからの子が、他にも料理や裁縫、手芸などを学ぶみたい。
ここは学校では無くて職業訓練施設。
セネガルは高校進学しない子も多い。
こけでは授業料も要らないし就職へのコネまで作ってくれるという!
併設された、孤児院は産まれたてから2歳くらいまでの子を受け入れている。
なんと、ここに日本人の方が働いていました!
修道女として、もう32年もここで働いている。
逆に日本人の僕が来たのをみて驚いていた。
日本人はかなりレアらしい。
ここにいる子供達は、
お産で亡くなったお母さんの子や、門の前に置いて行かれた子、
捨てられた子、
直接預けに来る親もいるみたい。
3歳からはフランスやスイス、イタリアなど養子縁組で受け入れ先へ引き渡されるみたい。
だけど最近はヨーロッパの移民問題もあるし、受け入れ先が減ってきている様だ。
この子達はまだ自分に親が居ないというのも分かっていない。
何だか、可哀想にも見えるが違う見方をすればいい事の方が目立つ。
貧しくて捨てられた子が、ヨーロッパで不自由無くいい教育を受けながら育つ。
それに、養子を受け入れる位の 家庭だったら審査もあるし。
まず、余裕のある家庭に行ける可能性が高いだろう。
どっちが幸せとかは分からない。
カトリック施設のここでは、神様が決めることだからと言われるが。
「やっぱり本当の親が受け取りに来るのが普通でしょう。」とおっしゃっていた。
自分の未来は自分で作れる。日本の当たり前はここには無い。
子供の未来は、育てる親と環境で大きく変わってしまう。
ここにいる子供達みんなが幸せになれるといいのだが。
コンプレックスを背負わないでもいい様な愛情もらえる家族に巡り会えますように。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す