#25 Soldier mind

My friend introduced me to a French guy called Pierre.
He was the special commander of the French army when he was young.
He was working as a teacher in Senegal at that time and gave me a place to stay at his home for two weeks.
Every day, he went out for a run in the early morning.
One day he said to me ’Let’s go swimming!’
I said ‘Sir Yes Sir’
I thought we would just go out to the beach,
Actually, it was not wrong but he took a wetsuit to swim in.
So, we went to the beach where I could see Ngor Island.
He said ‘I will swim from here to the Island over there’and wore a wetsuit and did some warming up exercise.
The waves were pretty high, nobody was swimming there.
He said ’Something funny?’
‘Yeah, it’s interesting!’
What if I was his subordinate? He may have been upset with me.
Cold seawater and high waves. It was impossible for me.
I just waited for him drinking cola!
He likes to ride his BMW motorcycle on the weekends.
So he took me to ride the motorcycle together.and he said ‘I will show you real Africa.’
The destination was a desert road.
We drove on adventure dirt road. The baobab tree grew in the red soil ground.
Friendly people waved to us when we went through a small village.
This is Africa!!
It was a lot of fun.
He had experienced combat in Afghanistan. 7 out of 40 people died in the hardest battle.
I was interested in international affairs, war, conflict. There were many things I wanted to ask.
“In France, terrorists attacked Paris and that occurred because of the bombing in Syria, Do the French army still drop (the) bombs?”
The answer was yes.
‘We are eliminating just only bad people.”
“If the French president said we start war, will you agree?”
“Yes,” a strong reply.
“But it will involve danger, risk families and the French people, Do you also agree?”
‘Well, yes, but it cannot be avoided’  his voice became weak.
However, the answer to this question was interesting.
“Did you see boy soldiers in Afghanistan?”
“Although I didn’t see boy soldiers, the enemies put their children as their shields, so we couldn’t shoot. They were the worst guys.”
He can shoot enemies if they are bad guys,
He grew up with military education which is why has thoughts like “I don’t like them because I hate them, killing bad people is ok”
But he can’t shoot children.
Soldier’s shock and stress are very high during a war.
I guess people with strong morality get hurt with many happenings.
Even though I think that soldiers feel shock when they see innocent person or children.
The key point is children.
After all, every child is cute in every country, everyone has attachments to children.We must understand that everyone has families just like us.
The thing I felt during traveling the world is that there are people who live in the same way with families in every country.
So this world might get a little better.

人に紹介してもらってフランス人のPierreという人に出会った。
彼は、フランス軍の特殊部隊だったらしく、今はセネガルで教官をしている。
2週間も家に泊めてもらえることになった。
毎日、早朝からランニングに出かける隊長。
この日は、朝から隊長が言う。
「泳ぎに行くぞ!」
私はいう、サーイェサー
海水浴にでも出かけるのかと思ったら、
彼はウエットスーツを持って出かける。
そこで、向った先はNgor島が見える浜辺。
「今からここを泳いで渡るぞ!」
ウエットスーツを着用し、準備運動をする隊長。
波は高くて泳いで渡る人なんか誰も居ないし、
その画に笑いが出てしまう。
「何か可笑しいか?」
「えぇ面白いですよ。」
庶民の僕だからこそ言える。
もし僕が部下だったら殺されてるだろな。
冷たい海水。足だけつけて僕は泳ぐの諦めた。
コーラ飲みながら待たせて貰っていた。
彼の趣味は、週末にBMWのバイクを乗ること。
彼と一緒に連れて行ってもらう。
そして彼は言う。I’ll show you real Africa.
行き先は砂漠道
アドベンチャーなダート道を走って行く。
赤土の大地にバオパプの木が生えている。
小さな村にはフレンドリーな人たちが手を振ってくれる。
これがアフリカ。
これはとても楽しかった。
アフガンでも戦闘経験のある隊長。
1番ハードな戦闘では、40人中7人が死亡したらしい。
言い方悪いがもちろん、人も殺した事もある。マジの軍人です。
国際情勢や戦争、紛争に興味がある僕は聞きたい事が沢山ある。
「フランスは、シリアに空爆をしている理由でパリのテロが起こりましたよね。現在もまだ、空爆は行っていますか?」
答えはイエス。
「悪い奴だけ排除してるんだから何が悪い。」
「もし、フランスの大統領が戦争をすると言ったら賛成ですか?」
「もちろん、イエスだ。」と強い返事。
「でも、それによって家族もフランスの人々も危険になりますよね。それでも賛成ですか?」
「まぁ、そうだがその時はしょうがない。」と少し声が弱くなる。
だけど、この質問に対する答えは興味深かった。
「アフガニスタンでは少年兵を見ましたか?」
「少年兵は見なかったが、敵は子どもを盾に出してきた事がある。我々は、さすがに撃てなくなる。最低な奴らだ。」
敵は悪い奴らだから殺してもいいが、
家族がいる人なら尚更子どもに対しては銃を向けれない。
戦争に行った人の自殺率はかなり高い。イラク派遣された自衛隊の自殺率も国会中継を聞いていた数字だと52人に1人とかなり高い。(正確ではないが。)
それだけ戦争は、ショックやストレスが高いのだろう
僕の推測だか、人権的道徳を持った人が心を痛めるケースが多いのだと思う。
敵に対しては何とも思わなくても、そこで見た罪の無い人や子どもを見た時にショックを感じるのだろうと思う。
ここでのキーポイントは、子ども。
やっぱり、どの国へ行っても子どもは可愛いし誰もが愛着を持つ。
平和や戦争を謳う時は、子どもをキーワードに出すのが効果的だろう。
そこには、同じ人間がいて大切な家族がいる事を理解し合う。
子どもが平和そのものだ。と思う。
そうすれば、軍教育で育った隊長の様に「嫌いだから嫌い。悪い奴らは殺してもいい。」という無関心な考えにはならないと思う。
世界を旅をしていて感じるのが、どの国も家族がいて、同じ様に生活している人がいる事は同じなんだと。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す