#26 Accident in mountain

When I was at the border between Senegal and Guinea. I couldn’t get the information about whether there is a road or not.
Actually, there was no road on the map, but people said optimistically ’the road is not good ~’
I didn’t think about this so seriously because my experiences were without much trouble even if people said the road was bad.
I headed to the Guinea check point. The road was becoming rocky with steep slopes.
It was difficult for my motorcycle which is heavy and low in height.
So the bottom of the motorcycle knocked on the stony road and I couldn’t drive.
‘What should I do~.I wondered whether I should turn back.’
Then, a small bike passed and I was helped by two guys and we managed to push up and climb(ed) the mountain.
When I arrived at the border in Guinea, there was a small village with straw roof houses.
All the houses were made from things from nature.
A soldier called out to me ‘Come here!!
I entered the house and a roasted monkey laid there.
I thought that a baby was dead but there was a long tail when I looked closely.
He started to cut the arms and legs and head…
I asked which road was better.
Then he pointed the finger to a direction “This way is better“
The temperature was 44 ° C in the shade.
Sunlight, The hot air from the engine, the helmet, long jacket and long pants I wore made me sweat a lot.
I had only 3 liters of water.
There was muddy well water in the town where I stayed the previous night, but I couldn’t get mineral water.
I thought I should be fine because it was just 70 km from there to the next town, I calculated that I would arrive before sunset.
I asked the person the way but everybody showed me a way which showed no road on the GPS.
Then, the road was getting worse.

When the motorcycle fell down, I had to take all the luggage off and male upright my fallen heavy motorcycle.
Sometimes the road crossed a deep river although it was waist-high with water.
The next town was 25 km away from there. The road became even more intense when I entered the mountain road.
And I fell down again.
When I looked at my face in the mirror, it was red and the situation was quite dangerous
My sweat had gone too much and I felt dizzy and I used up all my energy.
The motorcycle couldn’t rise up.
No water already at that time.
I got complete heatstroke.
I thought If I don’t hurry up it will be night. Somehow I calmed  myself down.
There was no time, no water, no people.
However, there was no energy to make the motorcycle upright.
I got up when I uttered my last energy with a voice.
Another 25 km. Go forward.
But, I soon fell down again.
It was impossible to go 25km ahead.
So I should have gone back to the village 8km away.
No one would come through here at night.
I couldn’t manage to walk by myself.
I was not sure if I have the energy to walk for 2-3 hours.
Nobody travelled through the night without water,
I thought I’m going to die??
The cooling water of the motorcycle leaked from somewhere.
I wanted to prioritize my survival, but I also wanted to protect my luggage. So I carried the heavy baggage and put in the forest.
‘What should I do ..I’m thirsty ..My head is spinning ..’
I have to walk, but when I was sitting down in the darkness, the energy to move had already disappeared.
After a while, I could see something from over the side of the road …!
The light came closer and closer.
I finally found that It was a person.
The man carried a bundle of bamboo about 10 meters long on his head.
His sense of balance was amazing, but such a heavy thing will carry well.
Even if we couldn’t understand words, he understood my situation quickly.
I didn’t have much energy to walk, although I tried to help him carry his bamboos somehow.
He was showing a smile, ‘Okay, Okay No problem’
After all, I couldn’t keep up with him going up the mountain path, and after a while, I repeatedly stopped.
He waited many times for me though carrying heavy bamboo.
We walked about 2 km on the mountain road to a village.
The village was at the top of the mountain, which was unreadable by driving.
So, all the buildings in the village were made of wood or mud from nature.
I admired that they lived in a village in such a place.
His wife gave me water in a coconut shell. I didn’t mind drinking muddy well water or river water, whatever was fine.
After that, they give me sweet milk and sweet mint tea.
When I lie down on the bamboo bed while looking up the starry sky, it became cool and I felt better.
I heard Islamic pray for Hassan.
It was a very mysterious feeling.
Even though there was no electricity, gas and tap water, it was a very different world, but I felt secure like having returned to my hometown.
Just having a person around me, I could feel relieved so much.

 

セネガルからギニアへ国境越えです。色んな人に国境情報を聞くがなかなかしっくりくる情報が聞けなかった。
国境周辺の宿で聞くが「道は良くはないよ~。」と楽観的な言い方。
今までの経験上、道が悪いと言われても大したことない事が多かったから舐めていた。
次第に、登山道の様に石がゴロゴロ転がっているうえに上り坂になる。
バッシュプレートがぶつかり、重くて車高の低い僕のバイクでは物理的に難しい
どうしようかな~。引き返そうかな~。と途方に暮れてたら、
一台のバイクが通りかかって助けてくれた。
2人でなんとか押し上げて山を登った。
ヘトヘトになってギニアのイミグレに着くと、藁屋根の小さな村がある。
全ての建物は、ここの自然にあるもので出来ているのだろう。
軍人さんがこっちに来いと僕を呼ぶ。
小屋の中に入ってみると、丸焦げのサルが横たわっていた。
はじめ赤ちゃんが死んでると思ったが、よくみると長い尻尾が生えていた。ここからの道の情報を聞くとハッキリ。
「this way better」と指を指して言うのでその方向へ再出発した。
気温は日陰で44℃。
日差しと、エンジンからの熱気、更にバイクの長袖長ズボンのジャケットにヘルメットでは、暑くて汗が吹き出る。
全身汗だくだが、水を3リットルしか持っていなかった。
昨日泊まった町では濁った井戸水はあるが、ミネラルウォーターが手に入らなかった。
まぁ、いい。次の街まで70㌔程の道だから、日が暮れるまでには着くだろうという計算だった。
すれ違う人に道を聞くがGPSには無い道を、指さす。
ホントかなぁ~。
すると、道がまたまた悪くなり。
転倒しては全ての荷物を下ろし重いバイクを起こす。
時には腰くらい深い川を渡る。
そして、町まであと25㎞の地点。登山道に入った所で道の悪さが更に激しくなり、コケる。
自分の顔をミラーで見たら真っ赤で、かなり危ない状態。
汗もあまり出なくなってきて、めまいもしてきたし、バイクも起こすことが出来なくなった。
水ももうゼロ。
完全に熱中症になった。
急がないと夜になる。と焦る気持ちを抑えて何とか自分を落ち着かせる。
時間も、水も、人もいない。
だけどバイクを起こす力が残っていない。
最後の力を振り絞って声を出したら、起き上がった。
あと、25㎞。前を進む。
だけど、すぐにまた転倒。
あと、25㎞だが、先に進むのは無理だ。
引き換えそう
8㌔戻れば村があったはず。
どうしよう。どうしよう。とあたふたしているうちに辺りは暗くなってしまった。
こんな所、夜は誰も通らないだろう。
自分で何とかするしか無い。
2~3時間、歩いて行く体力はあるかわからん。
水が無いまま夜を越した所で、誰も来なかったら死ぬ運命。
だけどバイクも起こせない。
更に、何処からかバイクの冷却水も漏れてきた。
自分の生存を優先したい所だが、こんな時でも自分の荷物は守りたいと思う。
フラフラになりながら、重い荷物を運び森に隠した。
あーどうしよう。。
のどかわいた。。
頭がクラクラ。。
ボーッとしながらも、体力振り絞って歩かないと。。
だけど、真っ暗な中座り込んでしまうと、もう動く気力も無くなってしまった。
しばらくすると、道の向こうから何らや光が見えた…!
だんだん近づいて来る光。
ようやく人だとわかって安心した。
長さ10mくらいある竹の束を頭に乗っけてバランスよく運んでいる。
バランス感覚も凄いが、よくそんな重たい物よく運べるよな。と感心した。
言葉はわからなくても、彼はすぐに理解してくれた。
歩く力もあんまり残ってないくせに、なぜか竹を運ぶのを手伝おうとした僕。
「いいよ、いいよ。」と笑顔を見せる彼。
結局、山道を登って行く彼にもついていけず、少し進んではすぐ止まりの繰り返し。
重たい物運んでいる彼なのに何度も止まって待ってくれた。
フラフラになりながら2㎞山を歩き村に着いた。
山のてっぺんにあって徒歩でしか来れない様な所にある。
だから、村の建物は全て自然にある物で出来ている。
こんな所によく村を作って住もうと思ったよな~と感心する。着いて水を1.5リットル一気飲み。濁った井戸水でも川水でも何でもいい。
その後、甘いミルクや、ミントティーまで出してくれた。
竹のベッドにゴザを敷いて星空見上げて寝ると涼しい。
そして、ハッサンのイスラムのプレイが聴こえて来る。
とっても不思議な感覚だった。
ガス水道電気もない超異世界なのに、故郷に戻ってきた様な安心感。
人が居るだけで、こんなにも安心できる。
なんだか夢でも見ている様な感覚だった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す