#28   Thanks to free lunch 

I heard that there was a Japanese nun in a town called Lunsar, She seemed to work as a school teacher.So I went there.But she had just returned to Japan at that time so I couldn’t meet her.
There were other ten sisters in this Catholic institution.
I asked ‘Can I help you with something.
A nun said ‘You can stay here as long as you want.’
So I worked as a volunteer with them, living a monastic life.
Kindergarten 280 children
About 1000 students in secondary school.
About 1000 students in high school.
There were also other schools with vocational training facilities.
Even though it was a small town, there were a whole bunch of children.

First I visited a kindergarten with a Japanese name ’Tamagawa sirayuri’.
When the morning meeting ends, I thought everyone would go into the classroom and school began.but children started to eat breakfast.
Children brought a lunch box and ate breakfast before starting class, it was a rare system.
A teacher said, ‘After eating, go to the toilet and wash your hands, as the Sister said’.
It was a simple explanation,
I think this intention made good eating habits and that breakfast is important not only for children but also for parents.
Everyone was eating so much. The contents of the lunch box were a lot of food.
But some children were just eating popcorn.
The lunch box was in a bag, so I tried to take it out but it was light.
In Sierra Leone, most children can’t eat three meals so they eat one meal a day.
I guess some families can’t afford to make a lunch box.
It seemed that it was time to play from 10 o’clock.
Children gradually gathered around me and called “Apotto! Snap me!”
I couldn’t move their overpowering full energy.
They seemed to feel strange that my hair felt sticky.
children reached out to touch me and black fingers got into my ear hole and nostrils.
It was impossible to control them,
but a teacher who looked like a Sumo wrestler just said “Oi!” then everyone kept silent.
In Sierra Leone after the war, the mortality rate was high. one person in three children would die before 5 years old.
Here, children were eating and having a lot of fun playing!
In this kindergarten, children washed their hands so that they would not get sick.
I felt that they were learning basic important things.
Well, anyway they were cheerful and cute!

There was free lunch at this school with support from Japan.
Most of the parents did not go to school in Sierra Leone when they were kids, Many parents only had one meal a day as kids.
It may be thought that this is poverty.but I think the parent’s consciousness towards their children is low.
Because of this free meal, parents would pass their children through school, health would improve and academic ability would rise.
I helped in meal preparation with mothers. They seemed to cook 125 kg of rice a day.
When I asked, “Do you know that this free lunch is with support from Japan?”  they did not know.
There were classes where the kids would sit at the desk and eat with hands, some classes that thought how to to sit down and eat properly.
I think that will change depending on the skill of the teacher.
Because of the free lunch, children’s excess energy would diverge into happiness.
Eat, play, study, go to school!
Children expressed it with their body a lot. They are open to feel happy
When I was a child, I was always competing and it was a pleasure to become number one.
When a country becomes more convenient like in Japan, we would want more luxury.
Looking at the children, I thought that when a country becomes affluent like in Japan, the feeling of happiness is lost.

ルンサという町に日本人シスターがいる学校があるという事を聞いたので、訪ねてみた。
しかし、この時ちょうど日本に帰られてたみたいで日本人シスターには会えなかった。
他に10人ほどのシスターが、学校の運営をしているみたい。
何かできる事ありますか?とお願いすると
何日でもいて下さい。という事で
彼女たちと共同生活のボランティアをさせてもらうことになった。
幼稚園280人
小学校約1000人
中高約1000人
他にも職業訓練施設と中学校が併設された学校があります。
小さい町なのに他にも男子校やら5つくらい学校があるらしい。

まず、日本人の名前の幼稚園から見学。
園長先生は、3年前に亡くなられたシスター根岸だった。
朝の朝礼が終わると、みんな教室に入って授業かと思ったら。
朝ごはんタイム!
それぞれお弁当を持って来る。
朝にお弁当とか、かなり珍しいシステムだな。
先生に聞くと、「シスターが決めた事で、食べてトイレ行って手を洗う。」と言っていた。
シンプルな説明だがこの意図は、家で食べてるのが普通だか、朝ごはんは大切だという意識を子供だけで無く親にも与えているのだと思う。
見た感じ皆んなそんな沢山食べれるの?と思うくらいお弁当の中身がギッシリ。
だけど、その一方でポップコーンを食べている子が居た。
カバンにはお弁当箱は入っていたので、出してあげようとしたら軽かった。
恐らく中身は入って無いっぽい。
シエラレオネでは、1日1食しか食べさせてもらえない子も多い事を考えると、
なかにはお弁当を作る余裕の無い家庭もあるのかな。と考えさせられる。
10時から遊び時間みたいで、子供達が不思議な顔して出てきた。
次第に、一眼レフをぶら下げている僕に子供達が集まって来て、写真撮れ!攻めにあう。
「アポト!スナップミー!」
子供達の元気が半端じゃない!
幼稚園児でも数が集まればかなり押される。!
僕の髪の毛の感触が不思議なのか、ベタベタ触ってくる。
次第に子供達のオモチャと化し、耳の穴やら鼻の穴まで黒いちっこい指を突っ込んでくる。
僕にはコントロール不可能になるが、
お相撲さんみたいな先生が一言「オイ!」と言うと皆んな黙る。
ここの先生は、みんな声デカイし、厳ついから、皆んな面白いくらい言う事を聞く。
シエラレオネでは戦後、5歳未満の子供達が3人に1人無くなる。と言われたくらい死亡率が高かった。
子供は、食べていっぱい遊ぶのが仕事!
この幼稚園を見ていると、病気にも負けない体力が出来て、病気にならないように手を洗う。
基本的な大切な事をしっかり学べているなと感じました。
まぁ、とにかく元気で可愛いですわ!

この学校には日本からの支援でフリーの給食がある。
シエラレオネでは学校にも行ってなかった、子供の時はごはんは1日1食が当たり前っていう親が多い。
これは、シエラレオネの貧しさと思うかもしれないが、
親の子供に対する意識が低いからだと思う。
この給食があるおかげで、親が子供に学校を通わせるようになり、健康も良くなり、学力も上がる。
さて、給食の準備を少しお手伝い。
1日125Kgの米を炊くみたい。
「この給食は、日本からの支援なのは知ってますか?」と聞くと給食のおばちゃん達は知らなかった。
まぁ、子供達もみんな知らなかったが。
机の上に座って手で食べているクラスもあれば、ちゃんと席に座って食べているクラスもあった。
先生の技量で変わると思う。
給食食べた後の子供たちは、とにかく元気ですわ!
幼稚園~高校まで見た中で小学校が一番パワフルだと思う。
給食があるおかげで、有り余るエネルギーを発散出来る。
この子達を見ていると、日本では当たり前だった事がとっても幸せそうに見える!
食べて、遊んで、勉強出来て、学校に行ける!
それを体使っていっぱい表現する。
幸せだと感じる心がとっても素直なんだと思う。
日本の様に、当たり前な事は当たり前で、それ以上に便利や贅沢を得ても、となりの芝が青く見えてしまう。
自分の子供の時は、常に比べられて競争だったなと。
1番になる事が喜びだったもん。
この子達を見ていると、日本の様に豊か過ぎると幸せだと思う心を奪っているのでは無いかと考えさせられました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す