#29 Amputee camp

 

 

Ishmael who I’d met in Mauritania, He introduced his cousin to me.
Ishmael is a writer who wrote about the time when he was a boy soldier.
The book 「A long way gone」was translated and sold in over 40 countries.
It seems that it was placed in all American Starbucks.
The story is the history of the diamond conflict in Sierra Leone.

I only got the information that he is Ishmael’s cousin, so I didn’t know what kind of person he was.I imagined that he was older than me, but in fact, I met a young college student.
There is a scene in the movie “Blood diamond”  where the RUF cut off the citizen’s arm. It seemed to be a real story .
He told me that there is a casualty camp called Amputee camp. And he took me to the place.
As an interpreter, his English was so fast and with a difficult accent.
Well, I went  to the Amputee camp.
However, it was different to my image and everybody had limbs.
Until five years ago, it seemed that there were about 10 amputees, but now there were only two people.
One man lost one foot in a bomb blast.
Another person’s arm was cut off by the RUF.
This camp was made by Norway and amputees and their families lived there.
They talked to me about the story of that time.
When the RUF attacked Freetown, the city was destroyed and full of corpses.Or people were caught and their limbs were cut off by the RUF.
Mr James Bunb was missing an arm and the other arm had a scar from a cut.
One arm was completely cut off by the RUF,
It seemed that boy soldiers tried to cut the other arm.but the arm remained without being completely cut.
The bones were deformed, and attached bones, index finger, and thumb barely moved but his fingers moved even a little, I think he can eat a meal and go to the toilet by himself.
The reason why the RUF cut off people’s arms was to make the government spend money to look after the injured, and to decrease the morale of people by causing fear.
But In fact, RUF took drugs and got crazy and then they did as pastime.
Ironically, the boy soldiers were cutting off the arms.
It seems that the people were afraid of the RUF who were too ruthless, same as monsters, not humans.
I asked him ‘Do you have any problem now?’
It seems that there are no jobs in this country.
People have nothing to do every day.
Ibrahim who is a collage student also said ‘I will not able to find a good job even if I graduate college.’
I think in Sierra Leone, there has been no excellent leader like in post war Japan, which was able to grow rapidly when there was no work.
The way of thinking is fundamentally different from Japanese people.
I think that this country will not change unless the structure of the country change, especially education.
In the present age, In war today, only the number of deaths are noted as bombs are dropped from the air, so the corpses go unseen.
Actually, people would shed blood and make deadly machines.
I was made to really think about war in this country,

 

 

シオレラレオネのフリータウンには、モーリタニアで会ったイシメールさんの従兄弟が住んでいるみたいで、紹介してもらいました。
イシメールさんは、モーリタニアで出会った人で、少年兵だった頃の話を本に書いています。
それが、40ヶ国以上翻訳されるくらい売れている。
アメリカのスーターバックス全店にも置かれていたらしい。
シエラレオネのダイアモンド紛争の歴史を象徴する話です。
従兄弟だという情報しか得て無かったから、どんな人かは全く分からない。
勝手に年上だと想像していたが、実際会ってみると大学生の青年だった。
「ブラッドダイヤモンド」という映画の中にあるシーンでRUF(反政府軍)が市民の腕を切り落とすシーンがある。
それは、本当の話らしくシエラレオネには手足が切られた人が今もいるらしい。
アンプティーキャンプと呼ばれる場所があるみたいで、場所を教えてもらい行ってみた。
さて、アンプティーキャンプに来ました。
だけど、イメージしていた所とは違うくて、みんな手足がある。
5年前までは、10人程のアンプティーが居たらしいが今は2人だけらしい。
1人は、爆弾で片足を失った人。
もう1人が、RUFによって腕を切断された人。
ここは、ノルウェーの援助で作られた住宅地でアンプティーキャンプとしてハンディーキャンプを持った人とその家族がくらしている。
当時の様子を聞いてみた。
フリータウンにRUFが攻め入って来た時に、街は破壊され道端には死体だらけだった。
捕まえられた人々は手足を切断されたり悲惨な状況だったらしい。
片腕が無いジェームスプンブさん。
もう片方の腕はあるのだが、切断された傷跡がある。
腕は切断されてもくっつくの?と思ったがそうでは無い。
片腕はRUFによって完全に切断されたのだが、もう片方の腕は少年兵が切断したらしい。
だから、完全に切断されずに腕が残った。
骨も変形してくっ付いていて、人差し指と親指がかろうじて動く程度。
だけど、少しでも指が動く為、自分で食事やトイレも行けるみたい。
想像するだけでも恐ろしいが、これも現実に起こった事。
負傷した人を介護する為に政府にお金をかけさせる目的と、それとRUFを恐れさせ指揮を下げる作戦だった。と表向きには言うが
実際は、麻薬で頭の狂った奴らの娯楽として人々の腕や足を切断していたらしい。
それも、それをしていたのは少年だったと言うのは皮肉な現実。
色んな場所で皆んな言っていた話は、
女性に対するレイプも酷く、妊娠した人のお腹を切り裂いて赤ちゃんを取り出して殺していた。
当時の人々には、理性の無い残虐過ぎるRUFを人間では無くモンスターと同じだと恐れていたらしい。
何か困った事ありますか?と聞くと
これはここに限った事ではなく。
とにかく、この国には仕事が無いらしい。
だから、毎日何もする事無いみたい。
俺も大学卒業したとしてもいい仕事が見つから無い。と口を挟むイブラヒム。
戦後急成長した日本の様に優秀な経営者というのがい無いんだと思う。
仕事無いから何もし無い日本人とは考え方が根本的に違う。
この国が変わるには、国の仕組みを変え無いと変わらないなと思う。
話が少しそれた。
今では空から爆弾落として空爆するのが殆どで目には見え無い数字だけの世界。
実際には、人が血を流し死に惨たらしい仕組みまで作ってしまう。
日本の戦後の様なこの国では、戦争とはいかなるものかリアルに考えさせられました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す