#32 Corrupt country

Liberia was made by slaves released from America. So it is one and the only country that is not a colonized country in West Africa.
It is made with the Constitution of the United States. Currently, it has a female president.
It looked like a truly advanced country, but actually, it was a corrupt country.
When I was heading to the border to Cote d’Ivoire, the dirt and muddy road extended in the jungle.
I struggled to drive on the hard roads and go forward, plus there were many check points.
A police checked my passport one page at a time and spent too much time.
When people passed through, they were paying bribes.
It seemed that it was common sense to pay bribes. I would be a good target because I’m a foreigner.
But I didn’t want to pay because I would be helping the country’s corruption if I pay it!
Twenty minutes passed and then the police took my passport and didn’t do anything.
Asking for a bribe would be disadvantageous for them, so they wouldn’t demand bribes but they did nasty things to harass me by wasting time.
Even if I say “Please return my passport if you finished checking”,
They gave me a cold look.
“What do you want? You wanna money?”
And just with expressions say “Yes, Money!”
First of all, I recorded their voice with my mobile phone to get evidence.
‘I will definitely not give you anything! If you want to give me your name and ID and a receipt because I will appeal to the police office and the Japanese embassy’
They suddenly changed their attitude and he noticed that I was recording with the mobile phone.
A police said ’I’ve got plenty of salary, I don’t need money,’
And then they tried to take my mobile phone.
I shook off the hand violently.
I thought it was truly wrong, but I knew that a lot of people were around me and understood that it’s the police’s fault.
Then a senior officer came.
He looked educated and were able to talk calmly.
He said ”They don’t need money, Just trying to check,”
And returned my passport.
This happened not once or twice. There were 8 checkpoints on this day.
Every time I had to quarrel with them.
I passed through such a jungle of 700 kilometers and arrived at the Cote d’Ivoire border’s nearest town called Harper city!
But when I got to the immigration, the security officer said. “The border is closed”
It seemed that the Liberian side was open but Cote d’Ivoire side was closed because of Ebola and terrorism.
When I arrived at the Cote d’Ivoire side,  I felt that the atmosphere was normal.
A soldier said “Your visa is fine, but there are some problems, the border is closed here”
At that moment, I saw a Liberian guy paying bribes and entering the country.
I asked, “Why can you enter?”
He said “Because I am a local black person,”
I thought that it was not a bad idea to enter the country even if I pay a bribe.
I asked ‘Let me enter by paying $100?
But they just said no.
It seemed that they didn’t have immigration stamps.
So I had no choice but to get one.
I had to return to the same hard road to the capital city of Monrovia,
It would be around 3000 km in distance because I had to take a detour around Guinea and Mali.
There was not much accommodation so It was not cheap, around $25 a night.  Even if I stay in a hotel, there would sometimes be a blackout, no showers but just muddy groundwater in a bucket.
Mice and cockroaches were running around the bed,
I was bitten by mosquitoes, ticks, ants, etc.
During the night, I would get bitten more than 50 places on the whole body, so I couldn’t sleep well.
It was not amusing for me because of the possibility of getting malaria at any time.
When I was resting in the room, someone called me from outside.
It was a police officer.
And then he said ‘ Show your passport. Come to the office.’
I didn’t want to stay anymore, I wanted to get out of such a country quickly, but I couldn’t.

 

リベリアは、アメリカから解放された奴隷によって作られた国。だから、西アフリカで唯一他国からの植民地にならなかった。
アメリカの憲法を元に作られた国。現在は女性大統領である。
先進国の様なちゃんとしたシステムな様に見えて実は腐敗した国であった。
コートジボワールへの国境を目指していた時、ジャングルの中のダート道が続く。
道が悪過ぎて疲れる。
そんな、悪路に苦戦しながら進むと無駄に多い検問がある。
警察はパスポートを1ページ1ページチェックして時間をかけ嫌がらせをして くる。
通って行く殆どの人は賄賂を払っている。 だから、賄賂を払うのが当たり前になっているみたいで、金を持っていそうな僕 は格好の標的となる。
だけど、僕は払う意味もわからんし、払うと国の腐敗を手伝う事になってしまう ので、絶対に払わ無い!
検問にひかかってから20分が経とうとしている。警察は 僕のパスポートを持ったまま、何もしなくなった。
賄賂要求は、国にバレると彼らにとって不利になる、だから賄賂要求はしてこず 時間をかけて嫌がらせをしてくる。
「チェック終わったならパスポート返してくれません?」と言ってもふてぶてし い態度で動か無い。
「何がしたいん?カネか?」と言うと
やっと分かったのね。という表情で「イエス、マネー!」と言う。
プチーンとムカついた。
まず、証拠握ってやろうとケータイで音声録音する。
「お前なんかには絶対に渡さん!金が欲しけりゃ名前とidと領収書よこせ。 日本大使館通して訴えたるから、コラー!」
ケータイの録音に気付いたのか、急に言い分を変える職員。
「給料は沢山貰ってるし、カネなんて必要ないわ。 あんた録音してるでしょ。ケータイよこしなさい。」
とケータイを取ろうとしてくる。取られたら返ってこないと思った僕は、「お前 なんか信用出来るかー!」と暴力的に振り払った。
さすがにマズイかなと思ったが、 女性職員がめちゃくちゃ言っているのも周りは分かっているから誰も止めに入ら ない。
そこへ、ここのボスが来た。
話の出来そうな人なので、落ち着いて話をする。
「この国の職員は何だ?いちいちケチつけて賄賂要求してきやがって。」とボス にはっきり言ってやる。
「彼らは、カネが欲しいのでは無く、チェックしようとしてるだけなんだ。」と 言うボス。
これが、1度や2度では無いです。 この日で8ヶ所検問ありました。 毎回毎回口論になりいちいち疲れる。

そんなジャングルを700km通り抜け、コートジボワールの国境の町ハーパーシティに着きました!
国境へ行く途中の検問で、職員が言う。 「国境はしまっているぞ。」
だが、よく聞くとリベリア側は開いてるがコートジボワール側は閉まっていると 言う職員。
コートジボワール側に着くと、軍人さんが暇そうにしている。 雰囲気的に行けそうかなと思ったが、軍人さんが口を開く。
「君のビザは問題ない。だが一つ問題がある。ここの国境は閉まっている。」
そんな中、リベリア人が賄賂払って入国している様子を見る。 「何でお前は入国出来るんだ?」と聞くと 「自分は黒人だからさ。」と言う。
これは、賄賂払ってでも入国せないかんな。と思い。
ハッキリ金払うから入国させて!とお願いする。
だが、交渉も難航し時間だけが過ぎる。
よく聞くと彼ら入国スタンプ持っていないみたい。
だから、無理やり不法入国したら強制帰国させられる可能性だってある。だから、仕方なく諦める事になった

これから、また首都のモンロビアに戻って高いビザの取り直し。ギニアとマリを遠回りしないといけなくなり、 距離にして3000km遠回りになる。 タイヤもこの悪路のせいでボロボロだし、かなり悪い状況。。
2500円も払って泊まったホテルですら、 停電するし、シャワーは出ない。 濁った地下水でちびちびバケツシャワー浴びて、 電気が止まるから自分の懐中電灯で電気をつけないといけない。
ネズミやゴキブリなんて当たり前に走り回っているし、 夜中は蚊やダニやアリなどに噛まれて、全身50カ所以上ブツブツができ痒くて寝 れない。  僕もいつマラリアになってもおかしくない状況。
部屋で休んでいると、誰かが僕を呼ぶ。
そしたら、警察か立っていて言う。
パスポートを見せろ。オフィスまで来い。
もう嫌だ、こんな国さっさと出たいが出れないんだよ。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す