#33 The Pygmy tribe in jungle

 

 

When I was crossing the border from Cameroon to Congo, I would enter the largest jungle in Africa from there.
The road didn’t show on the map, I was not sure there is immigration.
When I asked at Japanese Embassy, they warned me ‘ Don’t go around the border.’
By the way, the Japanese government seems to have a plan that makes a road on the border between Cameroon and Congo.
I guess the Japanese government wants to get trees.
That’s sound like a good thing to do,
But I don’t think everyone will be happy to make a road.
They made roads and destroyed the forest further, so it seemed that the number of gorillas and chimpanzees were decreasing.
Besides, they made cause that local people fighting for resources and the Japanese government wouldn’t directly involve.
Something stupid things was such a stance.
When I approach 200 km away to the border, it became unpaved road.
So The reason why I wanted to come there.
It seemed there are Pygmy tribes that I wanted to see in this neighborhood.
The Pygmy tribe said that even an adult man has a height of about 150 cm. I guess they have become a body adapted to nature.
The tribes hunting in the forest for many thousands of years and living isolated,
So they had through the primitive communism system until the beginning of the 21st century.
They wear just only underpants of one leaf, and they don’t have a house to settle in one place.
They don’t have any money.
And it seemed that they didn’t get compulsory education and didn’t appear much in front of modern people.
But present, the roads have been made since about 20 years ago and a modern person entered forest to get the woods with cutting trees,
The Pygmy also living along the road and wearing clothes has changed into a monetary communism system.
The local people said ‘Pygmy tribe like old style in this neighborhood has gone.
They might still be in the deep of the forest.’
I don’t know what is good, but I feel somewhat lonesome.
Although it is attractive to tribe having they own unique identity.
The tribe had been living for thousands of years as the same lifestyle but has changed in the last twenty years.
I met modern Pygmy people along the road.
I felt strange, when I waved a hand, they returned with a cute smile.
When I stopping they came near around me.
Friendly and very cute!
I felt like I came to see distant relative’s home.
They were short and have a unique face shape.
There were houses like gathers leaves and just piles them up.
On this road, it was not too hard to drive while adventuring, and it was fun to see cute people.
I wanted to see a wild gorilla, but I shouldn’t go.
Because of modern people invade gorillas, chimpanzees and pygmies live in places.
But, it seems that there is 100,000 gorilla paradise There is the mysterious forest around the Tele lake that no river flowing in and no river flowing out. There are still many unexamined areas.
I really felt excited to hear that.

 

 

これからカメルーンからコンゴへ国境を越える。
ここからアフリカ最大のジャングルに入ることになる。
地図に道路が書かれてなかったから国境がイミグレーションがあるのかどうか分からない。
日本大使館では、行くなと注意を受けた。
日本大使館の話によると、日本政府がお金出してカメルーンとコンゴの国境に道路をつくってあげようという計画があるらしい。
つまり、日本政府が何が欲しいかというと
この辺りの木が目当てだという事だな。
いかにもいい事してあげる様な言い方だが、
行った事も無いくせに道路作って皆んなが喜ぶと思ったら大間違いだぞ。
道路作って更に森林破壊をして、そのせいで、ゴリラやチンパンジーの数がどんどん減っているらしい。
発端は自分達にあるのに、地元民に資源争いさせて、日本政府は直接は関与してません。
そう言うスタンスなのは何か腹立たしい。
国境まで200㎞付近になると未舗装路になる。
この辺りは、村があるというより。家の距離がある程度離れて、独立してある。
家は土壁で出来ている。
この辺りには僕が会ってみたかったピグミー族がいる。
成人男性でも身長が150㎝程しか無いという、ピグミー族。自然に適応した身体になったのだろう。
何千年も昔から森の中で狩りをして孤立して生活をしていた部族な為、21世紀に入るまで原始共産制を貫いて来たらしい。
葉っぱのパンツを腰に巻き、定住する家も持たず、お金も持たない。
そして、義務教育にも従わず現代人の前にはあまり現れようとしなかったらしい。
それが、ここ20年くらいで道路が出来て木を切りに森に現代人が入って来たせいで、
ピグミー族も道路沿いに住み洋服を着て貨幣共産制に変わってきた。
大統領も同じ社会に住みましょうと言ったみたいで、
共存する様になったみたい。
現地の人曰く「もうこの辺りで昔の様なピグミー族はい無くなった。
森の奥地に行けばまだいるだろう。」と言う。
何がいいのかは分からないが、なんか寂しい気がする。
変わらない独自のアイデンティティーを持つ部族という事に魅力があるというのに。
何千年も同じ生活だった部族がここ20年で変わってしまった。
僕が出会った現代ピグミーの人達。
自分も写ってないと背の低さが分かりにくいか。一緒にとって貰えばよかった。
こっちを不思議そうに見てくるが、手を振ると笑顔で返してくれる。
立ち止まると近寄ってくる。
愛想いいし凄く可愛い!
なにか遠い親戚のおじいちゃんおばあちゃんに会いに来た様な感覚だ。
背が低いのもあるが、独特の顔の形をしている。
家が土壁ではなく葉っぱをかき集めて重ねた様なつくりもある。
この道、アドベンチャーながら走りやすいし、可愛い人達にも会えて面白かったです。
ゴリラやチンパンジーもいる森なんだが、さすがに道沿いには出てこないのだろう。
それに、森林破壊の影響でどんどん数が減少しているらしい。
野生のゴリラが見たかったが、行くべきでは無いのだろう。
現代人が荒らすせいで、ゴリラやチンパンジー、ピグミー族も住む場所が無くなる。
だが、未だに未調査の地域も多く、流れ入る川も流れ出る川も無いというテレ湖周辺の神秘の森へ行くと10万頭のゴリラの楽園があるらしい。
それを聞くとワクワクする。

 

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す