浮島ウロス島ツアー!

朝チチカカ湖を見ようと散歩する。

この街はインディヘナの割合が多いみたい。
おばちゃんの民族衣装がカラフルでいい!

人形じゃないよ!マキバ王!
島へのツアーがあるとおじさんが話しかけて来た。
何のツアー?何時から何時まで?
と聞くがよく分からなかったが、値段が10S 320円と安かったので行って見ることに。
言われるがままチケットを買うとエントランス料5Sも買わされた。
安いから、まぁいい!
島へは40分。

音楽の演奏も。笛の音がいい。

空が綺麗!
肌寒いから油断していたが、紫外線が半端なく強いので顔の皮がパリパリになって剥けてしまった。
ウロス島着きました。

スペイン語で島の説明をしてくれる。

何言ってるかサッパリ。
どうやらこの島は浮いているらしい!
10カ所アンカー打って固定しているみたい。
ここには、5家族25人住んでいる。
という事だけわかった。

顔が怖い。

伝統の船に乗る。10S要求された。
高い…ちょこっとクルーズするのに1人10Sって20人くらいいたので、5000円以上ボロ儲けだな。
もう一つの島に行くと、可愛い女の子がお出迎え。

カメラを向けると嫌がる子もいるが、この子はピースしてくれて愛想良くていい!

島にはマスが養殖されていた。
わざわざ湖に島を作って住みだした理由は、スペインの侵略から逃れるためだったらしい。
アフリカのトーゴに訪れた時も、奴隷になるのを逃れるために湖に住むようになった集落があった。
平和になった今は、プーノの街に戻ったインディヘナが多いのだろう。
標高3850mのチチカカ湖に浮かぶ集落は車の騒音も無くのかな空気が流れている。
彼らにとって住み心地がいいのかもしれない。
いや、観光客が多くなった今はいいお金になるのかもしれない。のは間違いないか。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

4 thoughts on “浮島ウロス島ツアー!

  1. やはり空が綺麗ですね!
    赤道付近でも3850mでは寒いけど陽射しは真上からですもんね。
    皆さんの顔はしっかり日焼けされてますね。

    女の子のおしゃまなポーズが可愛いです!!

    • 標高が高いと酸素が薄いのは知ってましたが、日差しが強くなるのは今回学びました!
      観光客はもちろんいるんですが、こういうローカルな雰囲気が残ってる街は歩いているだけで面白いです!

      • 酸素の層が薄いからなのでしょうか?
        富士山の頂上も陽射しが強かったです!

        まさか太陽に近づいたから。
        は無いですよね〜

        • そうですね。空気のフィルターが薄くなるからみたいです。
          1000mで10%紫外線強くなるみたいですね。

コメントを残す