ブエノスアイレスのタンゴツアー!

アルゼンチンといえばタンゴ!
という事で今日はタンゴツアーです。
まず。タンゴ発祥の地発祥の地Boca地区へ行ってみた。
ヨーロッパからの移民が最初に足を踏み入れる港がここボカだった。
労働者や船乗りがたむろするバーからタンゴが生まれたのだとか。
カラフルな町並みに、サッカーの英雄マラドーナが至る所に立っています。

レストランではタンゴのダンスが見れる。
写真を一緒に撮ってもらっている客がいたが、チップを渡していなさそうだった。
じゃあ、僕も!
って言える根性ないんで心の中で。

とっても小さな町なのでレストランやカフェに入らなければ滞在1時間で充分です。
外からタンゴ見るだけで充分楽しめました。
舞台でやってるタンゴショーは何箇所かあるみたい。
僕はGalerias Pacificoデパートにあるショーに行ってみた。
左が 金、土の8時 460P 2480円
右が 火、水の8時 430P 2300円

今日は土曜日だったので左のショーに行きました。
値段も思ったより安い!
こういうのに金を出す価値はある!

劇場は、思ったより小さい。
舞台は、5人が手を広げたくらいの幅くらい。
ここで、アツいアツい激しいダンスが行われる。
満員ではかったが50人くらいのお客さんが入っていた。
写真撮影は禁止だったので、僕レポでご想像くださいませ。

白いスーツを着たクールなおじさんがソロで登場
真上からのライトを照らされる。
太ももまで裂けたドレスを着たセクシーなダンサーが寄り添う所から始まる。
そしてゆっくりとステップを踏み始める。
だんご3兄弟の様な単調な音楽に合わせステップを踏む。

タンゴ〜♪
タンゴ〜♪
タンゴ〜♪
タンゴ〜🎵
だんご三兄弟🍡

僕の頭の中はだんご。
タンゴは、男性が女性をリードしステップする。
しかし、このショーはタンゴの領域を超えている。
宙をアクロバティックにまわったり、
スライディングやブリッジまでする。
女性のドレスがチラリチラリ
とてもセクシーだ。

次第にダンスが激しくなり
互いの股に足が絡み合う。
危ない!危ない!
さすがプロだ。
下から蹴り上げる角度
だんごは大丈夫なのだろうか。
クールな表情は変わらない。

舞台奥のカーテンが開かれ
生演奏だった事を知る。
ピアノ バイオリン チェロ
アコーディオンに似た、
バンドネオンという楽器が特徴的な音をだしている

ダンサーに変わり歌手も登場。
タンゴだけでなく歌も聞ける。
最後は5組のペアがそれぞれ、
自慢の高速ステップを踏んで
おわり

約 1時間半のショー。
とても内容が濃かった。
イメージしてたより激しい
そして、上品なダンスだった。
品のないレポですが、曲調はホントにだんご3兄弟でした。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す