ウルグアイのサルト地区には温泉施設が沢山あるみたい。

温泉好きには外せませんな。
ウルグアイ美女眺めながら温泉でぬくぬくしますか。っと妄想が膨らむ。
国境の街コロンで一泊野宿してから行く。

国境の川。
向こう側がウルグアイ、ケムリがモクモク出てますな。
アルゼンチンイミグレは、立ってる警備員に何も言われず
ただの建物だと思いスルーしてしまった。
そのまま橋を渡りウルグアイのイミグレへ着く。
難なくスタンプを貰うが、最終チェックで
保険は?と聞かれる。
そんなもん無いし、どこで取れるか分からんし…
コロンビアの保険見せた。
でも、やっぱりバレてダメだった。
保険はここでは取れずネットで取れだと。
そんなもん、外国人が簡単に出来るわけ無いし、
温泉入る為だけに、高い保険払ってわざわざ入国しようとは思わん。
結局、ウルグアイへ入国する事は諦めた。

再びアルゼンチンへ戻る、
出国手続きして無かったおかげでスルー出来た。

道の上でどうしようか考えてると、一台の車が止まって
おじさんが声をかけて来た。
どうやら、彼もバイク乗りみたいで新型アフリカツインを買ったばっかりみたい。
嬉しそうに写真を見せてくる。
アルゼンチンは税金が高いから恐らく日本の2倍近く値段が高い。
見た目ハゲ散らかして小汚いけど
アフリカツインを買えるなんてきっとお金持ちだろうなぁ。

温泉入る気マンマンだった僕は、
「ウルグアイの温泉行きたかったけど入国出来なかったー。」
という事を言うと
「ここから200㎞先のチャジャリという町に温泉あるぞ!」
と教えてくれた!
ナイスなタイミングな情報!

 

場所はここ。
温泉というより、プールです。
値段は130P 700円ほど。

案内パンフレットにはこんな美女が。

現実、いるわけ無いわ!
いるのは平日の昼間っぱらからヒマな
贅肉ボヨンボヨンのおじさんとおばさん。
ガッカリ。
失礼承知で言ってます。
日本も温泉にいるのは爺さん婆さんばっかりだもんな…。

看板には39℃と書かれている。
入ってみた感じ、まぁヌルい…。が悪くはない!
プールの様だが、泳いでいる人はいません。
日本の様に大人しく浸かってました。
ここは何がいいってネットのサーフィン出来るんです!
ユーチューブ見ながらダラダラ温泉浸かれる。
暑すぎないから、長時間入ってられるし極楽でした。
皮膚がふやけて擦ったらポロポロ垢がでました。
汚ったな。
一皮剥けて良かったです!

今日の寝床、公園の軒下。
向かいの湖が風もなく鏡張りの様で綺麗でした。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す