中国寺と鳥の楽園!

パラグアイの民宿小林で泊まったヤスさん。
ブラジルでも、同じ宿に泊まりました。
地図を見るとお寺があった。


調べてみると結構立派なお寺。
何だろうと思い、2人でバイクに乗って行った。

1990年頃に中国人が建てたっぽい。
他国や地方から地名が書かれていて中国人の名前がある。
並んでいる仏像に名前が書いてあった。

新しいからか、安いペンキなのか、
あまり神聖さが感じられない。
2人とも、ふーんくらいの感想でした。

どうやら、イグアスの滝に鳥の公園があるみたい。
昨日、滝だけ見に行って寄らなかった。

途中、チケット屋さんがあったので聞いてみると、
少し安く購入出来た。
バイクで行くと寄り道出来るからお得!

色々な種類の鳥が居ます。

1番のメインはコイツ。
かなり珍しい鳥!名前忘れた。

こいつ恐竜みたいだなぁ。
そういえば、クレイジージャーニーの番組で恐竜の化石の専門家が紹介されていた。
彼が、恐竜とは何ですか?との質問に
鳥はみんな恐竜です。と答えてた。
元々、羽根をもつ動物はいなかったが、求愛行動の為、羽根がどんどん大きくなったとか。
木から木に飛び移る奴も出てきて、飛べる様に進化したのだとか。
恐竜が全滅したのは分かる。
じゃあ、鳥は全滅しなかったんですか?
進化していって、今の鳥がいるのか?
鳥の歴史は恐竜の時代まで遡るのか
いつも疑問ばかりのひねくれ者です。

鳥パーク。僕は大満足でした!

イグアスの滝へ行くなら、セットで鳥パークへも行く事をお勧めします。

ヤスさんと話をする。
彼は南米へ来る前は、2ヶ月間インドでバイク旅をしていたみたい。
10万円でロイヤルエンフィールドを買って3000km走ったとか。
その話を聞いていると、ワクワクしてきた。
インドは興味がある。もちろん行きたい。
しかし、僕の旅は北米で終わりにしようと思っていた。

ヤスさんが言う。
「人との触れ合いが好きならインド行ったらいくらでも人が寄ってくるよ。」
確かになぁ。

僕が興味あるのは、絶景でも遺跡でも歴史でもない。
北米は正直、世界地図を埋めるだけに行きたい様なもんで、先進国など興味ない。
いや、言いすぎた。興味無くはない。
だって、僕はアメリカ文化で育ったもの。
しかし、想像つく先進国と何が起こるか分からんインド。
どっちが旅する価値があるかという事。

インドいいなぁ〜。
想像するだけでワクワクするなぁ。
旅慣れて乾いた心が、初心に戻った様にワクワクした。
インドを旅せずに世界一周は語れんよなぁ。
最後にインド行くか!?
彼との出会いで大きくルートが変わるかもしれない。
とりあえず今は、南米に集中しよう。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す