ストライキでブラジル大混乱!

サンパウロからリオに向かう途中、高速道路でトラックの行列をみた。

ブラジルは、州をまたぐのに荷物検査でも必要なのか?っと思ったがそうではない。
リオのホテルで、あれはストライキだったと聞く。
ガソリンの価格高騰に対して抗議してるみたい。

タイヤの焼け跡。
ガソリンが手に入らなくなるから気をつけな。と言われた。
このストライキでリオでは、ガソリンの価格が上がり4レアルが5.5レアルに。
120円→165円
ガソリンは手に入る。
だから、楽観視していた。
一時的に値段が上がるだけだろうと。
そして、ブラジリアへ向いて走り出した。
しかし、途中のガソリンスタンドは全てガソリンが売り切れ。
地方では、ガソリンの供給がストップしているようだ。

一時難民キャンプの様になっている。
しかし、トラックの運転手もこんな所で何日も滞在出来んだろう。
ガソリンスタンドでもトラックだらけ。
恐らく、トラックの運転手もガソリンが無くて仕事が出来ない。
だから、ストライキを主導している人が道路を封鎖しガソリン輸送車をストップさせてストライキを起こしたのだと思う。
政府とトラック業界が燃料引き下げに合意したのに、トラックは今だに動かず収束の目処が立っていない。

途中、ガス欠ギリギリでTiradentesという町に着いた。
ガソリンスタンドの裏にあるキャンプ場で様子を見る事になりそう。
こりゃ長い戦いなりそうだ。
ガソリンが無いと全ての物流がストップしてしまう。
これから、食料も手に入らなくなるのかな?
トラックは全く見かけないが、バスは走っている。
乗用車も走っているのをみる。

スト開始から8日目。
近所のスーパーマーケットが閉まった。
15㎞隣町にある町に行く。ガソリンもあと1リッターも無さそう。
まだ、食品はぱっと見た感じ沢山売っているが、表向きだけ。
棚の奥には並べられていない。

生鮮食品は品切れ。
日頃から野菜食わないから大した問題では無い。
まぁ、食に飢える事は無さそうだが、長期化するとキツイな。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す