ガソリンが無くなった世界

ストライキが始まって9日目。
ガソリンが手に入らず、足止め状態。
僕はTiradentesという小さな町にいる。
夜はちょっと寒いが、連日気持ちのいいポカポカ天気。

暇だなぁ〜と思いながら
本読んで、洗濯して、散歩して〜
あ〜なんて自由なんだ
とはならない僕。
何かやってないと落ち着かない病なもんで、
同じ場所を行ったり来たり。
ガソリンよ〜まだか〜
とキャンプ場とガソリンスタンドを何度も往復した。

この道。
この町は、馬が多いお陰で車が無くなっても何とかなるみたい。

人は車に乗ることをやめて馬に乗る。
馬車はいいが、石畳なのでエライ乗り心地悪そうだ。
こじんまりとしてオシャレな町。

馬のパカパカ歩く音
鳥のピヨピヨ鳴く声
人のお喋りする声
バイオリンの音色が聞こえて来えてきたり。
のんびりした平和な空気が流れている。
ストライキで国が大混乱しているとは思えないくらい穏やか。
あまり働くのが好きじゃないお国柄なんで、
しばらくお休みとれて嬉しい人もいるかもしれないとさえ思う。

相変わらずトラックは動いていないようだ。
ニュースを見ているとかなり深刻みたいだ。
このストライキの影響で全ての物流がストップして、
国民の生活にも被害が出ている。
ガソリンが手に入らず通勤通学が出来ない人、
学校も休校になったところもある。
医療品が手に入らず治療が出来ない。
牛乳や生鮮食品が腐り廃棄され、
家畜が飢え死に数百万羽のニワトリが死んだ。
工場も稼働出来なくなって生産停止したり。
経済損害額は約1兆円くらいになるとか。
取り返しのつかない状態だな。
経済学の教科書に載るくらいの歴史的ストライキだと思う。
ガソリンが無くなるとこういう事が起きる。
ストライキを起こしている人達が、ガソリン輸送車をストップさせてしまうので、
軍隊が先導して守っているのをニュースでやっていた。
軍隊が出る程の危機的状態らしい。
不謹慎な言い方かもしれないが、
テロリストがビルを爆破するより、
ガソリンを止めしまう方が経済的被害が大きい。
しかし、誰一人死んでいないというこのやり方はある意味感心する。
国に対して抗議する場合、武力衝突するケースが多い。
反政府組織と衝突して内戦になっている国もよくある。
SNSでストライキを呼びかけて今回の騒動になったみたいだ。
トラックの運転手の団結力は素晴らしいが、
SNSの拡散力は今の時代だから成せるやり方だなぁと思う。

ブラジルではオリンピックが終わってから2年が経とうとしている。
リオデジャネイロでは、経済破綻中。
そして、どんどん税収を上げようとした結果、
ガソリンの値段が上がりトラックの運転手がストライキを起こしたみたい。
オリンピックが原因とは一概に言えないが、
オリンピック開催国でギリシャも経済破綻した。
オリンピックは、開催する前は景気が良くなるが、
後には必要ない施設の遺産の管理と使い過ぎた借金の返済に苦労する。
後に残る産業には借金してもいいと思うが、
残らないものに借金をしてやるものではないと思う。
日本は今お金の使い過ぎに注意しないと後には
消費税アップとガソリン代アップに
生活はアップアップしていくだろう。
まぁ間違いなくオリンピック効果で、物価が上がり増税になる事は予想つくな。
いざとなったらガソリン止めてストライキを起こしますか。
って言う事を出来るのは、日本では想像もつかないな。
ブラジル人には感心した。
そして、今回学ぶ事は多かった。
1番よく分かったのは、
僕はガソリン依存症である事だ。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 thoughts on “ガソリンが無くなった世界

  1. ガソリンの供給が止まるとそんなに大きな被害でるんかー。。。
    想像したことなかったし、ものすごく意外なとこまで影響出てて、今の生活の仕方に危機感持った。
    自分自身がチャリとか徒歩ベースで移動にガソリンいらないとしても、物流に欠かせへんってのがミソなんやなー。びっくり。
    なんし、安全な旅であるように◎
    何年後でもいいから、振り返った時に『やってよかった』と思える時間になりますように✭

    • これは何年後かに語れる経験だろうなぁと思う。
      10年後20年後には先進国では電気自動車が主流になってくるだろうなー。
      日本は鉄道網が発達してるからここまでの被害にはなら無いかと思うけど。

コメントを残す