プエルトマルドナードのジャングルツアー!

アマゾンのジャングルと聞くと、なんかロマンを感じる。
行ってみたいと思っていたが、ベネジェエラが超危険なのでルート的に行けなかった。
だけと、他にもジャングルは沢山ある。
有名なのは
マナウス ブラジル
レティシア 3ヶ国国境
イキトス ペルーの陸の孤島

いずれも行くには遠いし飛行機でしか行けない。
クスコからだとマヌー国立公園がある。
3泊4日で250ドルほど。
しかし、2日はほぼ移動だけ。
旅行会社のオフィス巡りをしていると、プエルトマルドナードという所もジャングルツアーがあるとか。
プエルトマルドナードといえば、ブラジルからクスコの道で通過した。

ツアー内容を聞くと3泊4日のフルツアー!
マヌーとの違いは先住民のナティーボに会えるツアーがある。
先住民に会ってみたいのでツアーに参加することに。
値段は3泊4日10食付いて220ドル
プラス夜行バス30ドル
30ドル安くしてもらったが、現地でツアー申し込む方が安いだろう。

日本語のネット情報は全く出ない。とにかく現地に行ってみないと分からない。
バスのチケットも取ってくれるし、バス停まで送迎もしてくれるみたいだし
少々値は張るがまぁ面倒くさいからいいや!で決めました。

夜行バスなんて超久しぶり!
というか世界一周始まってから長距離バス乗った記憶がない。
それにお泊りツアーなんて初めてだ。

スリーピングバスでリクライニングがかなり倒れる。
しかも3列シートで隣は居ないし肘掛けの取り合いにならなくていい。
超快適だけど4700mの峠を越えるのでやっぱり左右に首が持っていかれる。
気持ちよく寝れなかった。

プエルトマルドナードのオフィスに着いてツアー内容を再度確認する。
するとパンフレットには値段が書かれていて、オフィスの人は、隠すようにゴミ箱へポイしていた。
怪しい。やっぱりぼったくられていたのか?
気になったので目を盗んでパンフレットを回収する。

日帰りツアーの値段っぽい。
3日分を全部合わせると120ドルくらい。
もう1日ツアーを差し引いて
コテージの値段は、食事付いて一泊25ドルくらいか。
まぁ、そんなもんだわな。
それより、日帰りでいける距離だとは知らなかった。
まぁいっか!
4日ジャングルの中にいるのもいい経験になるな。

プエルトマルドナードからボートで40分くらいの距離だ。
気温は30℃超えないし朝は結構寒いです。
コテージはハンモックや蚊帳もあっていい感じ!

電気は昼と夜の6時間しかつかない。もちろんWi-Fiも無い。
しかし、それがよかったりもする!
ネット環境に縛られた世界が嫌いなもんで。
1日目のツアーは、パンフレットに載っていないツアー。

ファームに行ってここで育てている果物を説明しながら食べさせてくれる。
バナナの木って木じゃなくてデカイ茎みたいだ。
一度実をつけて収穫したら切ってしまうみたい。
それに、バナナはジャングルでは自然に生えてそうだが外来種みたい。
っていうのは知らなかった。
その後は、ジャングルに入ってサバイバルの知識を教えてくれる。
ホント蚊が多い。
僕は顔と手だけ肌が出ている所には、蚊除けクリームをたっぷり塗っているのに蚊に噛まれる。
しかし、ガイドは半袖で蚊に刺されないのかな?と思う。

ジャングルでは1番大切な道具はナタ。
これがあれば果物切ったり木を切って水分補給も出来る。

木の実を割ってイモムシを食べます。
こういう系は出来るだけ避けてきたけど、
トライしてみました。
歯で噛むとプチって肉汁が出る。
あんまり味はしないし美味くはない。
ガイドは美味しそうに何個も食べてました。

穴を掘るとタランチュラ。

遭難した時に助けを呼ぶには声を出すより、木を叩く方が遠くに聞こえるみたい。

木の登り方。
初日はあっさりした内容だったけど充分。
夜行バスで来たから眠たかった。

昼御飯はまぁまぁ豪華。
スープ、メイン、デザートと出て
ちゃんとレストランで出てくるようなメニューで良かったです。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す