南米3大祭り太陽の祭りインティライミ!

今日は、待ちに待ったインティライミ本番です。
連日インティライミに向けてどエライ盛り上がりなので、本番はどんなもんよ?!と楽しみにしていた。
インティライミは朝から3ステージ舞台を移して行く。

9時 太陽の神殿コリチャンカ
11時 アルマス広場
2時 サクサイワマン遺跡
4時 おしまい

朝、宿のおばちゃんが8時半から始まるというので7時半くらいにコリチャンカに着いた。
すると、もう場所取り合戦はとっくに始まっていて前例はまず取れない。
全日祭では地元民ばかりだったが、今日は欧米系の人達が目立つ。
木の合間から見えそうなのでここにスタンバイする。
しかし、割り込んできたヨーロピアンがかなりプッシュしてくる。
立ってられないので徐々に動いていき、いつのまにか僕の前にいる。
彼らの図体と態度のデカさには敵わない。
結局、イスを250円で購入し高い位置から観戦する事に。

高い頭も邪魔にならないし、押される事もない。
こっちの方が快適じゃ!
そして、9時になり、
時間だね、人も集まったし、そろそろ始めますか。
という具合にペルータイムの10分遅れでスタートする。
神殿から、太鼓と笛に合わせて戦士やら音楽隊が降りてくる。
この位置からでは全く見えない。

音楽に合わせてダンスが始まる。

そして、今年の王様が登場する。
逆光なうえに影に立っているから見えにくい。
神への感謝を述べる。
20分くらいだろうか。
開会式は結構一瞬で終わった。

次、アルマス広場。
イスを買ったおかげで座って待てる。
それに、場所取りしなくても後ろからイスの上に立ってよく見える。
が、大混雑過ぎてダメだ。
プッシュが強すぎる。
ピューターンと言う声がよく聞こえる。
F国のFワードだが、コイツら自分の国に対してFワード使ってるのと同じと思え。
気分悪い。
もし、ここで日本語のFワード使ってたら知ってる人には日本人は野蛮な奴らだという印象になる。
自国語が分からないだろうという考えで人に対して言うのもけしからん。

戦士たちスタンバイ。
ほぇーー!!
ワキガ!!
クサムーチョ!!

衣装が素晴らしい。

女王様!!

王様登場!!
んー。あんまりオーラ無いな。
ガタイはいいが背が低い。
口が小さいのも人相学的に合わないな。
あかん。下品なぼくちゃんは悪ツッコミしか頭に出ない。
すみません人混みはイライラしちゃうので。

太陽に向かってお祈り。
インカ帝国は太陽を神様と崇めていた。

そしてラスト、サクサイワマン遺跡へと舞台が移される。
ちなみに平日この遺跡に入るには入場料2300円もかからる。タクシーを使えばタダとか嘘をついてくる人もいるので注意。
今日は無料だった。
お金はかかるらしいが会場内へ入ろうと並んでいると、
当日は売っていないらしい。
値段は150ドル!!
7年前の情報では15ドルだったのに…。
中に入っていく人は、殆ど外国人だった。
このお祭りの主旨が外国人相手のお金儲けに感じてしまう。

場所は、向こうの丘の上か林の中。
丘の上は、最前列しか見えないと思う

林は木が邪魔で見えにくい。
場所に迷っていると、こっちおいで!って言ってくれるインディヘナの家族がいた。
一人でいるとこういう優しさが心にしみる。
言葉は分からないが寂しさが無くなる。
遠くて肉眼では見えにくい。
24倍光学ズームでやっと人の表情が見える。

生け贄の儀式があると聞いていたが、それらしきものは無かった。
そして、4時前に終了!

まとめ、
インティライミ本番は、壮大さスケールがデカい!
しかし、あまり伝統的な儀式には見えず、スケールのデカい演劇を見ているようだった。
ダンスや音楽自体はそれぞれ同じ単調なもの
王様を中心にショーが行われる流れだった。
インカ帝国は滅びたが、未だにこういう伝統的なお祭りがあるのは素晴らしい!
人の多さとマナーの悪さにちょっと愚痴っぽくなってしまったが、まぁまぁ楽しめました!
でも、10日前後に行われた学生によるダンスの方が良かった。
ダンス自体も工夫されていたし音楽もそれぞれ違う。
学生達の一生懸命さが伝わってくるので見応えがあった。
インティライミをに見にくるとしたら、マチュピチュ観光と合わせて10日前くらいから見に来るのがおススメです。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す