気温50℃超え世界1暑い場所デスバレーで検証してみた!

さて、今日はクソ暑い話題をお届けします。

世界一周暑い場所としてギネス記録に残されているデスバレー、過去の最高気温は56.7℃みたいです。
砂漠の中の盆地にあり標高はアメリカ合衆国最低地マイナス86mという地形な為に、熱が逃げずに暑いんですね。

今日の、ラスベガスが最高気温43℃あるので期待出来そうだ。
場所は、ラスベガスから片道250㎞程にある。
ルートはこんな感じの予定。

行きは上、帰りは下の道。

余談だが、ラスベガスの安宿で国家公務員の方と会った。
公務員やっててバックパッカー宿なんてなぜ泊まるのか?と思ったが、
変態な旅人に会いたくて泊まったみたい。
僕が、これで5大陸目なんです。と言うと、
涼しい顔して言いますね。と言われた。
難しい事はサクッと簡単にこなし
簡単な事は難しそうに大げさにする
というのは、体育会系の人ならわかるんじゃないか?
面倒くさい練習を簡単にやってたら練習量あげられちゃうし、
かと言って、試合は当たり前の様に結果残さないとレギュラー外されるし。
というのは、自分の成長過程で培ったもの。
心の中は
いやいや、全然涼しくない!
明日なんて、世界1暑いデスバレー行くんだよ!
デスですよ!下手したら死ぬよ!
あー怖い怖いっ…。
と、ビビりまくっているのだ。
じゃあ何で行くんだ?って…
それは、変態だから。笑
こういう所行けば行くほど興奮するの♡

さて、まだまだ話したい事あるが、
いつも前置きが長くなってしまうので、
この辺でレッツゴー!!
この辺りは、アメリカ政府が隠している極秘のエリア51と言われる場所がある。
正式には、ここから北へ100kmの位置のグルームレイク空軍基地にあるみたい。

UFOの目撃情報が数多く、
政府がUFO作ってるんじゃないか?
とか
エイリアン隠し持っているのじゃないか?
とか
核実験やってるんじゃないか?
また
ロズウェル事件と関係している場所ではないか?
などいう噂がある。

基地も暑さを凌ぐために地下にあり外からも見えないと聞いた。
オーストラリアの砂漠にも暑さを凌ぐために地下に家を作った町クーパーぺディがある。
確かあの辺りにもアメリカ軍の秘密基地があると聞いたな。

さて、エイリアンセンターに来ました!
極秘どころか、観光地化されていた!
ここはただのロードハウスです。
エイリアンのグッズが売られていた。

メインブラックの映画を観たことある方ならわかるであろう。
人の中に小さいエイリアンがいて人間を操縦しているのを。
それと同じく、
ここの従業員がどうもエイリアンっぽい。

不自然な動きにやたらテキパキと働く。
アメリカ人が素手で床を拭くとは思えんし。
頭パカっと
開くんじゃないか?と注意深く観察した。
どうやら、ここには人間のフリをしたエイリアンがいる様だ。
ここの気温は標高1000mて39℃。

エイリアンセンターの手前に軍の基地があった。
しかし、戦車や装甲車、戦闘機など全く無かった。
多分、地下に基地があるのだろう。

この道は怪しい。

あっちはなんだ?
地下にある秘密基地に続いてるんじゃないか?!
UFOいないかずっと空を見ていたが見つからなかった。

デスバレーの入り口にあるビーティという町に着いた。

暑いのに普通に子供が走っている!
でも、まぁここはまだ標高高いし40℃くらいしか無い。

デスバレーへ標高を下げて行く。
一気に気温が上がり、熱風が吹き付ける。
エンジンからの熱がハンパじゃない。
ラジエターファンがずっと足元に熱風を吹き付ける。
風が吹いて涼しいのは、体温より低い時。
体温より高い風にずっと当たってたら物理的に体温が上がってしまう。
服を着てないと、間違いなく熱中症になって死ぬな。
ちなみに、この過酷な状況下では1時間に1リットル水を飲まなければ3時間後には意識を失うみたいです。
水9リットル持ってきたので10時間は大丈夫だろう。

あの車は死んでしまった様だ。

バイクは、車と違ってエンジンに常に風に当たっているし、水冷だったら物理的に大丈夫だろう。

しかし、空冷の大型ハーレーとかだったら間違いなくオーバーヒートするな。

山に囲まれた地形、荒野が広がり砂丘やら岩の色々な砂漠の景色を見せてくれる。
何も無い美しさ!
世界一寒い南極には微生物ですら生息出来ないみたいだが、
世界一暑いここには、ちらほら植物だけでなく虫も見かけた。

暑い場所は空気が揺れる陽炎が見えるはず。
地表と空気の温度差で空気が揺れるのだが、
ここはあまり揺れてなかった。
寒暖差があまり無いからだろうか。
とにかく、クソ暑過ぎると言う事!
さて、この場所でいくつか検証して見たいものがある。

まだ標高50mだが影があるベンチがあったのでここで。
題して、
「お日様クッキング!!」
太陽の熱でどこまで料理が出来るのか検証していきたいと思います。
検証1
太陽に熱したアルミパンで、目玉焼きは出来るのか?(一応ハムも用意)
検証2
太陽で温めたお湯でカップヌードルは出来るのか?
検証3
暑い時はコカコーラを飲もう!

日陰で51,7℃!!

検証1: 日光でカンカンに熱したアルミパンで目玉焼きは出来るのか?(一応ハムも用意)
出来ない!むしろ無反応…
ボンネットで目玉焼きやステーキ焼くなんて聞いた事あるけど、あれはエンジンからの熱でしょう。直射日光だけでは目玉焼きは出来ません。

検証2:カップヌードルは出来るか?
出来る!水は直射日光で60℃くらいまで上がるので、お湯入れて10分くらいで食える!
塩分が身体に染みました。

検証3:暑い時はコカコーラ!を飲む。

開けた瞬間泡が吹き出るやつやりたかったけど、想像を超えて…
大爆発!!フタが吹っ飛んだ!!笑

以上!サクッと終了。
長居すると死んじゃうからね。

もっと標高低い所へ!
ここで、シーレベル標高0です。

昔は列車で鉱物を取ってたみたい。

ジャケット暑い。

インフォメーションセンターがあります。
気温123℉ 50.5℃

観光客の表情をみるといかに暑いか分かりますよね。
でも時刻は、5時半で日差しが傾き少し涼しくなったかな?くらいの時です。
彼らクーラーかかった車の中でコーラ飲みながら来てるからね。
僕より暑さを感じてるんじゃないか?
って僕が1番暑いんだよ!

とにかく美しい景色だった。

さて、ラスベガスへ帰りますか。
帰り道はすごい風が吹いていた。
途中、標高2000mくらいの場所を通る、
気温は25℃まで下がる。
つまり、温かい風と冷たい風がぶつかって風が吹くという事ですね。
ウイリーしたら対向車線へはみ出してしまう。

夕日、神々しい景色だった。

無事ベガス到着!
はい、お疲れーしょんでしたー。

この暑い時期にデスバレーへ行きたい方へ。
歩き←リアルに死にます
チャリ←誰か挑戦して下さい
バイク←エンジンからの熱がクソ暑いです
車←誰でも行けます

思ったより車で来ていた観光客が多かった。
外国人が殆どだったので、レンタカーで来ているのだと思います。
車が壊れても気にならないし、もし壊れても僕が行った道では車いっぱい通ってるので死にはしないと思います。
なので世界一暑い場所は、思ったより危険な場所では無かったです。
しかし、アメリカで1番交通量の少ないと言われる道もあるみたいですし、
通る道と、ガソリンスタンドの位置と、スペアタイヤの確認と、
多めの水を積んで行った方がいいです。
この暑さを感じるには体験するには是非バイクで行って風を感じて頂きたいですね。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

4 thoughts on “気温50℃超え世界1暑い場所デスバレーで検証してみた!

  1. 1時間に1リットル⁈!
    まさにデスな場所。

    土地開発の対象にならず綺麗な景色が残ったのでしょうね!

    • 行ったことは自慢出来ますけどね、
      対してデスな場所でも無かったです!
      砂漠は、どこも昔と同じ景色だと思います。
      だから砂漠は好きなんですよね!

コメントを残す