2ケツ旅の始まり!

12:30pm
ねーアキラー!一緒にオアハカまで行こうよー!
めんどくせぇー。俺はベリーズの無人島へ行くんだ。

オアハカには、僕らの共通の友人2人がいる。
アキラが紹介してくれた、可愛いえみさな達が長期滞在するみたいで、一緒に会いに行こうかと。
アキラを誘う理由は、
1人で女子2人に会いに行くという根性が無いから、アキラについて来て欲しい!
それに、彼女達もアキラに会いたいと思っているはずだから。
初めはめんどくせぇと言っていた彼だが、
昨日一昨日バイクに乗った感じでOKしてくれた。
何でついて来てくれたかは知りません!
という事で1600kmの2ケツ旅へレッツゴー!!

荷物は何とか積めました。
いつも以上に重いバイク。80kg以上重いんじゃないか。
バイクをコントロールするにもいつも以上に気を張る。
初めは超慎重に…
だけど気分はワクワク、イェイイェイな感じ!

そんな中、走り出して30分くらいした所で交通事故現場を目の当たりにする。
バイク事故で、血で真っ赤になった男の人の顔がこちらを向いて倒れていた。
恐ろしくて僕はすぐ目をそらす。
しかし、アキラはよく見ていたみたいで、
血を流した女の人が立ってたので、2人乗りのバイク事故だったみたいだ。
自分達とリンクしてしまう。
今まで、沢山事故現場を見て来たが、こんなにショッキングな映像は初めてだ。
もしかしたら死んでるかもしれない人の血だらけの顔は、脳に刻み込まれる。
僕があの時思ったのが、
もし事故ったらあの人の様になるのはアキラの方だな。
僕は、フルフェイスで装備もしっかりしてるが、
彼は、半ヘルで軽装備。
自分が死ぬのはいいが、彼に死なれたら困るな。と

2年前に一時帰国した時に、友達とツーリング行った。
その時に、友達が崖から落ちて大怪我をしてしまったのも思い出した。
その翌日、南アフリカへ旅を再開する時だったのもあり自分には何も出来なかった情けなさ惨めさが今でも残っている。
だから、事故った時の大変さや辛さが分かるし(いや言えないな)
本気で責任感を感じていた。
スタートしてあの事故現場を目にした事。
安全運転で気をつけようという言葉よりも、
強くメッセージとして残った。

高速道路でも、超安全運転80km/hをキープ。
僕は、バイクに乗ってる時が1番頭が回転し色々考える。
だから、アキラは何を考えてるのかなー?と聞くと
「バックパッカーは楽だわ。」という。
何?もう嫌になって来た?
まぁ、1人バイク旅はラクだけど2ケツ旅はラクでは無いわな。
特に僕が!
でも、目的地までずっと一度通った事がある安全な高速道路だから道的には余裕なんだけどね。
真っ直ぐ走る分には全く変わらないし。
初日は、カンクンから200キロ程の
Valladolidの町で滞在。
前に泊まった中国人オーナー宿。

飯がスーパー安くて美味い!

破れたズボンを直してくれた。
お金払おうとしても要らないと言う。
中国クオリティバカにしてた自分に申し訳なさを感じた。
国籍問わずいい人はいい人だ!

チェチェンイツア遺跡の近くにあるセノーテへいった。
Cenote Ik-Kil
http://ge0.me/8kqMoHXvfU/Cenote_Ik-Kil

やっぱり観光客が多くてあんまり良くなかったです。
前に僕が行ったところの方が絶対にいい!
http://ge0.me/kkqM4JK3GF/
でも、水着姿のお姉さんがいっぱいいたのは良かったかな!

写真撮りながらホモ真っしぐらだなと思う。

夜はいい感じのローカルレストランへ行った。480円くらい
最近、もっと雑誌の売り込みをしろ!と後押しされている事を話す。
でもなー
自信ないしー
目立ちたいとも思わないしー
そしたら、その場でどう売り込めばいいか一緒に考えてくれた。
彼は、1度に2つの事が出来るし頭の回転が速い。
こうやって、一緒に考えて後押ししてくれる人が居ないと
僕は人前で発信していけない。
超ありがたいです。
ありがとう!

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す