ニューヨーク到着!

ニューヨークから南に90kmにあるロングブランチという宿に泊まった。
安宿でバイクの駐車場があるとこで検索。
Airbnb という民宿サイトを使ったのは初めてだ。一泊18ドル
ニューヨークで安宿探すには皆んなこのサイトを見るみたい。

ウクライナ人のオーナー。
1986年のカワサキのバイクに乗っている。
さて、早速僕のバイクを売りに出さないといけないんだが、
どうやって売ればいいかオーナーに聞いてみると
Craigsilst
eBay
Letgo
Cycletrader
という掲示板に載せればいいと。
僕がバイクを買ったのはCycletrader。

キズ一つないピカピカのバイク!
3000ドルで売れれば良いと思っていたが、そうも甘くは無かった。
とりあえず、自由の女神を拝めようとニューヨークへ向いて走る。
その途中にあるバイク屋を巡り査定していく。

1軒目 値段ついても1000ドル
マジか、最低でも2500ドルはすると思っていた。
なんでこんなに低いかというと、
冬に向かっていて客が居ないのと
あまり人気じゃないバイクだから。
日本でこのクラスのバイクだったら最低でも30万円で売れるだろうと思うけど、
アメリカ人には全く人気無いようだ。

2軒目 値がついても1200ドル
どうやら、業者の買取価格の相場が決まっている様だ。

3軒目 ここでは買い取れない

ちゃんと、話して試乗したりチェックして貰って
1時間くらい待った結果。
買い取れないと。
このバイクは、日本だったら大型バイクだが、
アメリカでは小型バイクみたいだ。
誰も買わないとか。
親切にも、ネット掲示板に載せたらいいと提案してくれた。
あと、売る為の手続きも教えてくれた。
そんな感じで、テンションダダ下がり
僕にとったら超お気に入りバイクなのに、ここでは価値がないと言われる。
3ヶ月だけだけと、旅を共にしたバイク。
しょうもないバイクとは言いたく無い。
だが、あまりにもお金がかかり過ぎたのは否めない。
ハァ〜…

そんな感じで目指していたニューヨークに着きました。

川の向こうに渡るには15ドル必要なので、今日はここまで。
また、後日マンハッタンへ行こう。
リバティー公園は広いし駐車場はタダです。

旗の間に見えるのが女神様です。
背中側だがまぁいい。

アフリカ最南端やユーラシア最東端、南米最南端に着いた時、
その時もこんな灰色の色だったなぁ。
達成感や感動とかそんなもんは無い。
何か分からない寂しさが来る。
誰かとお別れした時の様に、ぽっかり穴が空いてしまうそんな寂しさでもある。
何かに向かって走り続ける事自体が自分にとっての心の支えだったのかもしれない。
何かを得たより何かを失った様な感覚…。

ふと、旅に出る前にキャンプの練習をしていたのを思い出す。
仕事終わりに、琵琶湖沿いで寒い中、野宿していたのを。
あの頃は、知らない世界に毎日ワクワクしていた。
今は、想像の世界から現実の世界へとイメージできる様になり
旅の中で沢山の経験を積んできた。
そんな経験の重みを感じるのもある。
これは1人で背負うには重過ぎるのだろうか。
旅は自分が予想していた以上に良い経験となった。
しかし、あの頃に戻りたい。
そんな気持ちになった。
今日はなんだかネガティブな日だった。

4年前オーストラリアでバイク旅をスタートした日であり
今日はニューヨークへ着き5大陸達成した日でもある。
夢が叶った始まりと達成の日
ちょうど4年の歳月が流れ
偶然にも同じ日になった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

4 thoughts on “ニューヨーク到着!

  1. ヨーロッパ最西端、アフリカ最南端、の時と同じ気分ですか?

    空っぽのシャンプー容器を風呂に沈めて放すと勢いよく水面を目指す
    目標の水面に達すると何もなかったように漂う

    でもヒロキチさん止まらないでしょう。
    ニューヨークの次は!
    そのたま次は!
    旅ではなくてもどこかの国でまた幼稚園を建てるとか日本語教師になるとか。

    行った事のない所に行くのはいつかはやり尽きますが
    やった事のない事を成し遂げた達成感はまた格別かもしれませんよ!!

    いつも生意気な長文
    失礼しています。

    でもニューヨークの次、そのたま次は何でしょうね
    気になります!!

    • 同じ気分かと聞かれれば違うんですけどね!
      旅は昔に比べて簡単過ぎると言うのか、全て想像の範囲内で感動が薄れて来たのかもしれません。
      達成する事よりも何か目指してる時が1番いいんですよ!

      次は、1人で自己満足に浸るんじゃなくて、誰かと人のために何かしたいですね!
      さて、自分は何に挑戦するんだろう?

  2. まさかそんなにしょんぼりで旅の終わりを迎えてたとは、想定外。

    次向かうべき場所は、いったいどこなんだろねー。

    • 僕は想定してたけどね!
      一緒にビールかけでもしてくれる人がいるなら別だけど、!
      次はどこだろうね。

コメントを残す