ターバンの街と面白い国境!

アムリトサルの街に来た。
この街に近づくにつれターバン巻いた人を多く目にする様になる。
彼らはヘルメット被らなくていいみたい。というか被れない。
ほんと運転のウザさと自己中さはかなり酷い。
調べてみると、ターバン巻いてるのはシク教という人達みたい。
ターバン巻いてる=インド人=ヒンドゥー教
というイメージじゃないですか?
しかし、ヒンドゥー教の人達はターバン巻かないみたいです!
シク教はインドの中で1.9%しかいないみたいなのでかなり珍しいみたいです。
しかし、なぜターバンを巻いてるイメージになったかと言うと、
シク教の人達は働き者で、裕福で教育の水準が高いみたいで
世界で活躍する人が多いから多くのインド人はターバン巻いてるイメージが定着してしまったみたいです。
確かにアフリカでターバン巻いてる人をよく見かけたな。

そんなシク教の聖地がゴールデンテンプルにあります。
靴を預け入ると、水たまりに足をつけないといけない。
靴下脱いでポケットに入れる。
入ろうとすると、シューズ預けろと言ってくる。
シューズ預けたし。
どうやら、ソックスの事を言ってるみたいで靴下も中に持ち込むのは禁止みたい。
靴下を預け中に入ろうとすると、次は髪を隠せと怒られる。
はいスミマセン。ここはルールが多いようだ。
日本でいうと、お寺の畳の部屋に室内用スリッパで入ろうとする様なもんなんだと思う。

金に輝くお寺。
iPhone撮影なので綺麗に映りませんが、本物はもっと綺麗です。
中に入るには長い列に並ばないといけないみたい。

しかも、ギュウギュウ詰め。
これを6時間とか?
僕には耐えられないだろうな。

最近、腰痛くて地べたにあぐらかいて座れない。
だから、ヘルメットの上に座ってたら怒られました。
地べたに座れと。
なんか色々ルールがあるみたいです。
クソマナー悪い自己中運転のターバン巻いた奴に怒られるのは、
なんか心外…。
聖地なのでちゃんとマナーを守らないとな。
バチ当たりそうなのでサッサと出ました。

ここは、パキスタンとの国境付近にある。
見どころの一つに、パキスタンとの国境で何やら毎日応援合戦が開かれるとか!
インドとパキスタンは仲が悪い。
面白そうなのでいってみる事に!

広い立体駐車場も完備していて、スタジアムの様な雰囲気!
ケータイ、カメラ、財布以外荷物は預けないといけない。
パスポートチェックは無かったです。

セキュリティを抜けて行くと立派な建物がある。

身長2mくらいあるトサカ被った人。
下駄でも履いてるのかな?と疑うくらい身長が高い。

3階建のスタジアム、向こう側はパキスタンです。
片足でクルクル回っている人がいる。
数とデカさはインドが圧勝だな。
盛り上がりは増していく、
何が行われるのか楽しみだ!ワクワク

インド国旗の帽子。
そして、日没30分前の5時に始まった。

さっきのデカイ人が出てきた!
きっとインドの精鋭達が集まってるのだろう。

一人一人国境の門に向かって歩いていく。
手足をピンと伸ばし足を高く上げながら進んでいく。
足の裏にタッチセンサーでも付いてるのかな?
ロボットのガシャンガシャンっという音に合わせて進む。
まるでコメディみたい!

インジャー!インジャー!と応援する観客。
2〜3万人はいるだろうか。

そして門が開かれる。
お互いの精鋭達が俺の方が強いぞ!と
足を高く上げドンと下ろす。
威嚇のしあい。
少しでも国境線はみ出したり、相手に触れたりしたら、一触即発の闘争になりそうな雰囲気!
パキスタンの人達は、まとまりがある様に見えた、
それに対してインドはデカさと数では負けてな感じ。
毎日毎日、何のためにやってるのか分からんが、
こんな事に何万人も盛り上がってる人達。
インド来て初めて面白いと思ったかもしれない。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す