仏教の聖地ブッダガヤへ!

今日は、ブッダガヤへ行きます。
ヴィパッサナー修行で同じだった21歳の子と待ち合わせして行きます。
どうせ電車遅れるしオンタイムでいいんじゃね?という僕だが、
でも心配だし早めに行きましょう。というもんで1時間半前にガンジス川で待ち合わせする事になった。

おはよう!
の返事はマネーじゃないからね。
悪い大人のマネーしたらダメだよ!
待ち合わせに、一向に現れない彼。
辺りを探し回ってもいないし、30分前位になってやっと見つけたと思ったら、遅れたのに人と喋ってるし…。
あーゴメン、ここに居たのね。
と何で僕が誤ってんだ?
まぁ、一応、日本人として…。

彼は瞑想をしてやりたい事がハッキリしたみたいだ!
僕も見つかればよかったんだが、まだ迷走中です。
将来は、AI人工知能を開発したいという彼。
一応、(低)知能システム工学科を専攻してロボット開発の論文書いた僕は意見させてもらう。
大学中退したみたいだが、また大学入って勉強して大企業に就職しないと無理だよね。と言うと。
いや、自分は分からなくていいんです。システム開発のオタクにやらせて自分は人を動かせればいいんです。
ほー、
じゃあ経営学や帝王学を学ばんとな。
その自信見習うわ!
そして、自分の荷物置いて何も言わずにどっか行ってしまう。
え?危なく無い?
僕に荷物見とけって事か?

そして、電車は遅れる事4時間してやっときた!
止まる
徐行
止まる
徐行
遅れを取り戻そうと、更に遅れる遅れる!
結局、予定より7時間遅れで到着した。
僕は、目星つけてるホテル行くね。と言うがついて来る。
まぁいいけど、と思ったが
しかし、勝手に人に勧められた宿聞いてバイク呼んでるし。
一緒に行けって事?
3ケツ無理でしょ。
警戒し過ぎですよー。というがそういう問題じゃ…。
九つ上だし、旅もまぁまぁ長いんだけど。
なんで勝手に決めるかなー。

面倒せーと言いながらついて行くと、狭そうな宿。
一部屋だけ、空いていた。
僕は、ここ泊まりますわ。と言う。=お前は別のとこ泊まれって事)
ほー。そう来たか。
この先もルート同じだけど次会った時どんな顔するんだろう。
まだ若いからしょうがないんだけど、色々気づかないといけない事多そうだな。
コミュ障の僕はやっぱり1人の方が楽だわと思ってしまう。
ふぅー、なんか疲れた。
あーあかん、瞑想してから愚痴言わないって思ってたのに。

見つけた宿はこちら。
ラマゲストハウス 500ルピー 750円
綺麗で広いしホッとシャワーだしWi-Fiサクサクだし!
やっぱり自分の足で宿探すのが間違いないと思った!

隣のレストランは、めっちゃいい!
味も量も値段も全ていい!
インドだけど仏教徒みたい。やっぱり仏教徒は良心的!
さて、気を取り直してブッダガヤ観光。
ブッダガヤは、ブッタが悟りを開いた地。
仏教始まりの地でもある。

この町には、
タイ、ブータン、ミャンマー、チベット、日本
仏教の国のお寺が集まっています。
仏教の聖地と言っていい場所だろう。
この時期は、チベット人が多かったです。
仏教のクリスマスといった感じか、世界中から仏教徒が集まって来てお祈りがあるみたい。
どうやら、ダライ・ラマも町に来ているとか!
明後日、明明後日ダライ・ラマの講話があるらしい。
ちょうど明後日出ちゃう。
ひとめお目にかかりたかったなぁ。
さて、ブッダガヤ観光です。
そしてこの日は、ダライ・ラマが行く予定のお寺はテロ対策で入る事が出来なかった。

あまり周れなかったが1番良かったのが、ブータン寺院。
装飾が良かったのと、瞑想してる人達の動きが面白かった。

チベット人と同じ方法で、
立って手を合わせてから、土下座して更に土下寝する。
そしてまた立っての繰り返し。
体力使いそうな瞑想法だ。

町を歩いていると、子供たちが手を振って来て可愛い。
ピャアな目をして言う。
マネー!
きっと悪気も欲も無いと思う。ただ、大人のマネをしているんだと思う。
この時期に合わせてか、出稼ぎ物乞いがかなり多いみたい。

ここにいる人全員。警察によって隔離されてた。
家族総出でチベット人からおこぼれ貰おうと来てるみたいだ。
チベット人は、貧しい人にお金あげるみたい。
これはチベット仏教の教えにあるみたいだ。
トトロの木へ行きます。

バイク乗ってる学生捕まえて連れて行って貰った。100ルピー
リキシャだとぼったくられるので。

ブッタは悟りを開く前にここで瞑想していたみたい。って事は、樹齢2500年以上?
縄文杉並みの木だな。
いくつもツルが地面まで伸びて根を張っていた。
そうやって、この大きな木に栄養を巡らせている。

この子は、女の子みたいだが男の子。
連れてきてくれたドライバー、もう帰って100ルピーだけ払うって言ってるのに、
あっち行こうとか500ルピー追加で言ってくる。
インド人はみんな考える事同じだな。
しつこいしつこい事20分以上同じやり取り。
もういいわと、金払わん!とキレて歩いて帰ろうとしない限り、帰してくれない。
結局、観光した最後は嫌悪感と疲労感しか残らない。
バイク旅が恋しい。
バイクさえあれば…
あかん、愚痴言わないって誓ったのにダメだコリャ。。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す